スポンサーリンク

エジンバラのお勧め定番観光スポット10選

edinbargh

2016/08/30 更新

初めてエジンバラに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

10位:エジンバラ動物園

9位:聖ジャイルズ大聖堂

  • St Giles Cathedral

    "聖ジャイルズ大聖堂

    エジンバラのスコットランド教会の最高権威

    エジンバラ旧市街の中心にあるシンボルである聖ジャイルズ大聖堂
    特徴的な冠尖塔が人々の目を引くエジンバラで最も権威がある大聖堂だ。
    1120 年に設立時にはカトリック教会だったが、ローマ法王庁と1560 年に関係断絶をしてからはプロテスタント教会になった過去がある。

    この記事を詳しくみる>>

8位:スコットランド国立博物館

7位:ホリールードハウス宮殿

  • The Palace of Holyroodhouse

    "ホリールードハウス宮殿

    歴代スコットランド国王が住んだ宮殿

    ホリールードハウス宮殿(The Palace of Holyroodhouse)は、アーサー王の玉座を背景に置き、ロイヤル・マイルの終わりにある。宮殿には北側に礼拝堂、南側に国王の居室があり、その他にギャラリーや大ホールを備えている。
    ジェームズ5世が作らせた礼拝堂の北西塔にはメアリー1世が住んだ部屋が残っている。

    この記事を詳しくみる>>

6位:ジェナーズ

  • Jenners

    "ジェナーズ

    歴史ある美しい建物は一見の価値あり

    Jenners(ジェナーズ)はエジンバラのPrinces Streetにある商業施設だ。
    歴史は古く、1838年から存在しており、スコットランドで最も古い部類のデパートだ。
    2005年にHouse of Fraserに買収されているが、店名はそのまま残っている。
    巨大な宮殿のような建物に驚くだろう。

    この記事を詳しくみる>>

スポンサーリンク

5位:カールトン・ヒル

  • Calton Hill

    "カールトン・ヒル

    エジンバラの偉人たちの功績

    エジンバラ新市街地に数多くのモニュメントと歴史的建造物が残る小高い丘がある。
    それがカールトン・ヒルである。
    エジンバラ生まれの思想家ダグラス・スチュアートの記念碑を始め、海軍の名将ネルソン提督の偉業を称える『ネルソン記念碑』、ナポレオン戦争の戦没者を祀った『ナショナル・モニュメント』など多くの著名人の記念碑が残っている。

    この記事を詳しくみる>>

4位:スコティッシュ・シーバード・センター

3位:ミリタリー・タトゥー

  • "ミリタリー・タトゥー

    上演期間はたったの一ヶ月

    Royal Edinburgh Military Tattoo(ロイヤル・エジンバラ・ミリタリー・タトゥー)はエディンバラ城を巨大なセットとして使っている公演。
    上演されるのは、イギリス軍やイギリス連邦の軍を中心とした踊りや演奏。
    バグパイプが鳴り響き、花火が打ちあがる壮大な公演が夜な夜な繰り広げられている。
    上演期間は8月のみ。

    この記事を詳しくみる>>

2位:エディンバラ城

  • Edinburgh Castle

    "エディンバラ城

    エジンバラのシンボルの堅牢な城郭

    スコットランドの象徴であるエディンバラ城
    7世紀、キャッスルロック・ロック(岩山)にあった要塞跡に、エドウィン王(王の名がエジンバラの由来と言われている)が城郭を建築したことがエディンバラ城の始まりとされている。
    城内には、現存するエジンバラ最古の建造物セント・マーガレット協会堂や、戦争記念館、王族の居間であるクラウン・ルーム、グレート・ホールなどの多くの建造物や調度品が展示されており、エディンバラ城の波乱万丈の歴史を物語っている。

    この記事を詳しくみる>>

1位:アーサー王の玉座

  • Arthurs Seat

    "アーサー王の玉座

    エジンバラが一望できる小高い丘

    エジンバラの街のどこらでも見える小高い丘がある。それがアーサー王の玉座だ。旧市街地・新市街地が眼下に広がる景色は、過去にタイムスリップしたような錯覚を起こさせる。
    その歴史ある美しい景観を見れば、街全体が世界遺産であるのも頷けるはずだ。

    この記事を詳しくみる>>

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク