スポンサーリンク

国立スコットランド美術館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

国立スコットランド美術館
Scottish National Gallery

2017/05/05 更新

Scottish National Gallery

概要

入場無料ながら名作が充実

Scottish National Gallery

エジンバラの真ん中にある人工的な丘(The Mound:マウンド)に建つ国立美術館だ。
建物はウィリアム・ヘンリー・プレイフェアによって設計されたネオ・ゴシック様式で、1859年に開館した。
1912年に王立スコットランド・アカデミーと同時に改修され、その後から現在まで自国と欧州各国の常設展示に力を注いでいる。

ラファエロ・サンティ、レンブラント・ファン・レイン、クロード・モネ、フィンセント・ファン・ゴッホなど、ルネッサンスの初期から印象派の後期までの傑作が充実している。
定期的に開催される特別展も人気だ。

2004年には、国立美術館と王立スコットランド・アカデミーをつなぐウェストリンクが設置された。
ショップ、レストラン、研究施設、仮想コレクションギャラリー(タッチパネル仕様)など新しい美術館の形を発信している。

入館は無料なので、観光客に人気のスポットでもある。
エジンバラ散策に疲れたなら併設されているカフェで一休みしても良いだろう。

エジンバラの危険対策


(Photo by John Lord)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク