スポンサーリンク

ブリタニア号の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

ブリタニア号
Royal Yacht Britannia

2016/08/04 更新

Royal Yacht Britannia

概要

英国王室最後のヨット

1953年から44年間、英国王室所有の船として世界中を航海した、英国王室最後のヨットだ。
44年の間にチャーチル、ガンジーなどを招待したことでも有名である。
1997年にイギリス王室が経費削減の為(年間26億円の経費がかかっていた)売却し、現在はエジンバラ近郊のリース港にて観光客に公開されている。

船内はアパートのように装飾され、丁度品はロイヤルコレクションとされエリザベス女王陛下の認定を受けている。
船内は王室専用ヨットの面影を多く見ることができる。
また豪華さとは対象的な、ランドリールームや船員専用の宿舎も見ておきたいところだ。

エジンバラの人気観光スポットなので混雑を避けたいならば早めに訪れる事をお勧めする。

ブリタニア号が停泊しているオーシャン・ターミナルにあるブリタニア・ビジターセンターでは、写真を閲覧しながら、ブリタニア号の華麗なる歴史を垣間見ることが出来る。
さまざまなショップも並んでいるので見学後に立ち寄ると良いだろう。

(Photo by Airwolfhound

ブリタニア号の危険対策

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク