スポンサーリンク

エル・エスコリアル修道院の観光情報(歴史・料金・行き方)

エル・エスコリアル修道院
Monasterio de El Escorial

2017/05/05 更新

Monasterio de El Escorial

概要

スペイン王家が眠る、巨大な複合施設

エル・エスコリアル修道院は、1984年にユネスコ世界文化遺産として登録されたスペインの首都であるマドリードから、北西へ約45キロメートル離れた郊外に位置する。
正式名は王立サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルで、宮殿、博物館、図書館と修道院などの多様な施設がある。

この巨大な施設は、フェリベ2世の命によって建設が開始され、スペインの3人の建築家のデザインの元1584年に完成した。
建設開始から完成まで実に21年間もの歳月を要した施設である。

エル・エスコリアル修道院は王家の人間のお墓として造られたため、フェリベ2世を始めとしたスペインの王たちが今も霊廟で眠っている。
また、スペインの芸術家たちの作品が多数保管されているということから、スペイン美術や芸術に興味がある人におすすめの観光スポットだ。

世界遺産ともあり、毎年たくさんの観光客が訪れる非常に人気が高い観光地である。

マドリード旅行者の必読記事

(Photo by Arturo R Montesinos)

人気記事

海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク