スポンサーリンク

スクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコの観光情報

スクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコ
Scuola Grande di San Rocco

2017/05/05 更新

Scuola Grande di San Rocco

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

ティントレットの作品を多数展示

Scuola Grande di San Rocco

ベネチアのサン・ポーロ地区にあるスクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコとは、「サン・ロッコ」という守護聖人を祀っているキリスト教信徒たちの組合(信徒会)の会堂のことである。
「サン・ロッコ大信徒会」とも呼ばれている。

このスクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコは16世紀の初めにバルトロメオ・ボンの設計により、建設が始まった。
後に作業がゴトゥッシに引き継がれ、16世紀半ばにルネサンス様式の会堂が完成した。

このスクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコには、ティントレットの作品が多く飾られている。
この中には『エジプトへの逃亡』や『マグダラのマリア』などがある。
ティントレットの作品が展示されている2階の天井画には注目だ。

見どころ

ティントレットによる56枚の絵画

Scuola Grande di San Rocco

スクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコには、天井から壁に至るまで、ティントレットの絵画で飾られており、合計で56枚もある。

特に2階の天井画は見どころだろう。
時間を忘れて、しばらくの間見上げ続けているかもしれない。
ここには首が疲れないように、観賞用に鏡が用意されているので、思う存分回がを鑑賞しよう。

美術館と遜色ないスクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコは、ティントレットの作品が好きな方には、たまらないスポットだ。

ベネチアの危険対策

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク