カ・レッツォーニコの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

カ・レッツォーニコ
Ca' Rezzonico

2017/05/05 更新

Ca' Rezzonico

データガイド

アクセス・入場

概要

紆余曲折あった古代ローマ貴族の宮殿

ベネチアのカナル・グランデに面して建っているカ・レッツォーニコは、バロック様式、ルネサンス様式、パラディオ様式など、多数の建築様式を用いて建設された宮殿である。
1649年に古代ローマ貴族であったフィリップ・ボンがバルダッサーレ・ロンゲーナに設計を依頼し、建造が開始された。
設計したバルダッサーレ・ロンゲーナや依頼したフィリップ・ボンが死去したため、一時中断することになったが、ジョルジョ・マッサリーニが作業を引き継ぎ、ようやく完成に至ったのは1756年のことであった。

このカ・レッツォーニコは18世紀からレッツォーニコ家が所有していた。
また、現在は18世紀美術館として一般に開かれている。

見どころ

カ・レッツォーニコの芸術性

カ・レッツォーニコは、大理石できたファサード(建物正面)がカナル・グランデの水面に映えて非常に美しい宮殿である。
内部には、天井部分にジョヴァンニ、バッティスタ、ティエポロによって描かれたフレスコ画や、騙し絵の手法を駆使した遊び心のある部屋など、飽きることのない宮殿だ。

ベネチア旅行者の必読記事


人気記事

ベネチアのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク