スポンサーリンク

20世紀美術館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

20世紀美術館
Museo del Novecento

2017/05/05 更新

Museo del Novecento

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

Museo del Novecento

ミラノの中心地ドゥオモ広場に面するアレンガリオという建物内に2010年にオープンした新しい美術館。開館前は旅行者向けインフォメーションセンターがあった立派な建物で、立地は非常に分かりやすい。

未来に重要な美術家とされるボッチョーニ、カッラ、ソッフィチ、デ・キリコ、シローニといった20世紀イタリア画家を中心に約400点近い作品が展示されている。彫刻やポップアートのコーナーもあり、展示作品は写真撮影もOKだ。

構造

館内は斬新な設計で5階建ての建物内にぎっしりと作品が展示されている。回廊やエレベーターもあり、上のガラス張りの部屋からはドゥオーモを眺めて楽しむ事もできる、近代アートの好きな人にはみのがせない美術館だ。館内には「一生に一度は行ってみたいミュージアム・レストランTOP10」にランクインしたレストランもある。

チェック

アレンガリオ宮殿

新しい宮殿が美術館に

20世紀美術館はその建物自体も見逃せない。イタリア名所としては比較的新しく、1936年に起工され第二世界大戦の爆撃の影響を受けながら1956年に完成した宮殿であり、3人の一流建築家グリッフィーニ、マジストレッティ、ムツィオトポルタルッピによって設計された。

外見上は各フロアの高さが長い3階建てのように見えるが、内部は6階層になっていて興味深い。また、外部は四角く角ばっているが、内部は螺旋状の構造になっている。アレンガリオとはイタリア語で「演説する」という意味で、もともとムッソリーニがドゥオモに向かって演説するために建てたとされている。

ミラノの危険対策


(Photo by Mark B. Schlemmer)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク