スポンサーリンク

ミケランジェロ広場の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ミケランジェロ広場
Piazzale Michelangelo

2017/05/05 更新

Piazzale Michelangelo

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

Piazzale Michelangelo

小高い丘の上にあるミケランジェロ広場はフィレンツェの街を展望できる人気スポットだ。観光名所としてだけでなくフィレンツェっ子のデートスポットでもある。夜景もロマンチックな雰囲気で素晴らしいので、特に夏場は夜遅くまで多くの人で賑わっている。

広場へのアクセスはフィレンツェ中心部から徒歩で30分-40分程度。高級住宅エリアを通過するので散策を楽しみながら徒歩で向かうのも良いが、緩やかな坂道となっているので、歩きたくない時はバスが便利。

歴史

1873年から1875年に作られたミケランジェロ広場は建築家ジュゼッペ・ポッジによって設計されており、ミケランジェロ本人は特に設計に関わっていない。広場にはミケランジェロのダビデ像の銅製レプリカが立っている。このダビデ像はレプリカで、大理石製の本物はフィレンツェ市内のアカデミア美術館に展示されている。

チェック

①景観

Piazzale Michelangelo

ミケランジェロ広場から眺めるアルノ川の展望

ミケランジェロ広場から眺める風景はフィレンツェ代表といっていいほど雰囲気がある。フィレンツェ独特の赤い屋根が並ぶ町並みやドゥオーモを望めるのはもちろん、広場の左側にあるアルノ川も見逃せない。アルノ川には8つの橋がかかっており、川沿いには豪華なホテルやさまざまな建築物が立ち並んでいる。橋の上に宝飾店や彫金細工店が立ち並ぶフィレンツェ最古の橋、ヴェッキオ橋もよく見える。特に夜景の場合、ヴェッキオ橋周辺は沢山の街の灯りが川の水面に反射してとても幻想的だ。

スポンサーリンク

②サン・ミニアート・アル・モンテ教会

Piazzale Michelangelo

広場と併せて立ち寄りたいスポット

ミケランジェロ広場からさらに5分坂を上がった高台の上に、サン・ミニアート・アル・モンテ教会という教会がある。フィレンツェの最も歴史ある教会のひとつで、多くのバスや人々で賑わうミケランジェロ広場と比べると、観光客が少なくとても静かな雰囲気だ。ミケランジェロ広場よりも高台にあるので、フィレンツェの街をさらに高い位置から展望できる穴場スポットともいえる。

サン・ミニアート・アル・モンテ教会は250年頃に殉教した聖ミニアートの伝説にちなんで11世紀に建造が始まった。アルノ川のほとりで斬首された聖ミニアートは自分の頭を抱えて丘を登り、この教会のある場所までたどり着いたそうだ。ここまで登ってきたのなら、そんな伝説のもとに造られた教会で、白く可愛らしいロマネスク様式の外観や内部の荘減な雰囲気まで是非堪能してほしい。

③レストラン

ミケランジェロ広場のカフェ

広場の噴水を眺めながらロマンチックなディナーを

ミケランジェロ広場近辺にはレストランや軽食を販売しているワゴンがあり、小腹が空いたときにも安心。なかでも高級レストラン「Ristorante La Loggia」は有名。広場の絶景を楽しみながらトスカーナ料理に舌鼓を打てるとあって、セレブも訪れる人気店だ。元々はミケランジェロの作品を集めた美術館にする構想があった建物で、ネオクラシック様式の開廊が特徴である。

④イベント

ミケランジェロ広場のジェラートフェスティバル

コンサートからジェラートフェスティバルまで

フィレンツェ市民の憩いの場でもあるミケランジェロ広場は、さまざまなイベントの会場としても利用されている。ジェラート職人のオリジナルフレーバーを味わえるジェラートフェスティバルや、コンサートが開催される事も。立ち寄るタイミングによっては、思いがけず素晴らしい出会いがあるかもしれない。

⑤フィレンツェ花火大会

ミケランジェロ広場から観る花火

花火のベスト鑑賞スポットはここ!

6月24日はフィレンツェの守護聖人、サン・ジョバンニの生誕を祝う日。毎年この日の夜にはミケランジェロ広場付近から花火が打ち上がる。広場では美しい花火をベストスポットで観ようという人たちでごったがえしている。花火の開始時間は日没後22時頃から。フィレンツェの地でひと足早い納涼をしてみるのも良いだろう。

フィレンツェ旅行者の必読記事

(Photo by Aurimas Joy Matteo Bertini)

人気記事

フィレンツェのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク