スポンサーリンク

ピストイアのドゥオーモの見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

ピストイアのドゥオーモ
Duomo di Pistoia

2016/08/04 更新

Duomo di Pistoia

概要

イタリアで最も美しい高さ67メートル鐘楼とロマネスク様式の歴史ある聖堂

Duomo di Pistoia

ピストイアのドゥオーモことサン・ゼノ大聖堂が建つこの場所には、5世紀頃にはすでに教会があり、12世紀から13世紀にかけて現在のロマネスク様式の聖堂に改装された。
かつて物見塔であったという高さ67メートルの鐘楼は、美しい装飾が有名。

正面入り口の彩色陶板「聖母子と天使たち」は、アンドレア・デッラ・ロッビアによるものである。
扉の内側には4世紀頃のヴェローナの司教であったというサン・ゼノのフレスコ画がある。

その他にも、数多くの美術品を見ることができる。
コッポ・ディ・マルコヴァルド「十字架上のキリスト」、ロレンツォ・ディ・クレーディ「聖母子と聖人たち」、ジョヴァンニ・ディ・バスティアーモ・バルドゥッチ「使徒ヤコブの母マリア」、「ピストイアの街の模造を膝に抱く使徒ヤコブ」、クリストファノ・アッローリ「キリスト復活」など。

ドゥオーモは無料だが、ピストイアの守護聖人、聖ヤコブに捧げられた銀製の祭壇のある礼拝堂は有料。

聖堂が建つドゥオーモ広場には10世紀ごろから続いているという露店が並び、大勢の人でにぎわう。

ピストイアのドゥオーモの危険対策

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク