サント・スピリト教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

サント・スピリト教会
Basilica di Santo Spirito

2017/05/15 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/07/slick_Basilica-di-Santo-Spirito-1080x855.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

ブルネレスキ設計による美しい教会

建築家フィリッポ・ブルネスが1436年に設計し、イタリア芸術家代表のレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロが絶賛し、ベルニーニからは世界で最も美しい教会と言われたのが、サント・スピリト教会。

13世紀後半に聖アウグスティノ修道士による教会があった場所にフレスコバルディ家の依頼のもとブルネレスキがこのサント・スピリト教会を設計した。
1446年ブルネレスキの死後は、アントニオ・マネッティ、ジョヴァンニ・ダ・該オーレ、サルヴィ・ディ・アンドレアによって引き継がれたが、ドーム等はブルネレスキの設計が忠実に再現された。ファザードは未完成のままである。

シンプルな外装とは裏腹に、内観はカラフルに装飾されている。
美術作品では、ミケランジェロ作の「十字架像(磔刑像)」とフィリッピーノ・リッピ作の「聖星と聖ジョヴァンニーノ」が有名だ。

見どころ

若きミケランジェロの作品「十字架像」

Basilica di Santo Spirito

サント・スピリト教会には1493年ミケランジェロが18歳のときに彫ったキリストの木彫りの十字架増がある。素材はシナノキ。

ミケランジェロはメディチ家で芸術家の勉強をしていたが、後援者のロレンツォが死去した後、サント・スピリト修道院に滞在した時期があった。
この作品は、その当時解剖学の勉強の為に修道院付属病院で死去した人の身体をミケランジェロに提供してくれた修道院長ニコロ・ディ・ラーポ・ビキエッリーニへ奉献したものだ。
亡くなったばかりの14歳の少年の体をモデルに造ったと言われている。

フィレンツェ旅行者の必読記事

(Photo by I, Sailko)

人気記事

フィレンツェのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク