ベルリン近郊×ミュージアム

このカテゴリーをベルリン全域で見る

ベルリン近郊×ミュージアム

3件

Gedenkstatte und Museum Sachsenhausen

1

ザクセンハウゼン強制収容所

全強制収容所のフラッグシップに残された陰惨な過去

1933年に設立された「オラニエンブルク収容所」は、1936年に整備され「ザクセンハウゼン強制収容所」と改名された。 ここはナチス・ドイツの勢力下にある全収容所の本部だ。 ザクセンハウゼン強制収容所を手本にして各地の収容所のオペレーションが構築されていった。

Wannseekonferenz

2

ヴァンゼー会議記念館

ホロコーストが決定された歴史的建造物で平和を考える

ここは美術館や博物館のように特段華やかな場所ではない。 しかし歴史的な位置づけとしては非常に重要な場所だ。1942年にドイツの高官がここに集まり、ユダヤ人のホロコーストが決定された。

Gedenkstatte Plotzensee

3

プレッツェンゼー記念館

ナチスの中心的な刑務所、プレッツェンゼー監獄

第二次世界大戦当時のプレッツェンゼー監獄。 反ヒトラー抵抗運動に参加していた市民は捕らえられ、この中に収容されていた。 その際処刑された人数は2891人。 今も当時の処刑室の一部を見て回ることができる。

スポンサーリンク