スポンサーリンク

シュタージ・ミュージアムの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

シュタージ・ミュージアム
Stasi Museum

2017/05/05 更新

Stasi Museum

概要

東ドイツ秘密警察(シュタージ)の裏側に戦慄する

Stasi Museum

シュタージは英語で言う国家保安省・State Security (Staatssicherheit)を略したもので、東ドイツのスターリン主義の資料を保存する博物館である。この場所自体がシュタージの本拠地でもあった。

シュタージの目的は国民の情報を完全に把握すること。
日本でも有名なスパイ、ゾルゲもこの点においてシュタージを賞賛している。
あなたの妻が、友人が、職場の同僚があなたが誰と会い、誰に電話をかけていて誰と交際しているかを密告していたとしたらどう感じるだろうか。
この時代の教会のリーダーの65%は情報提供者だったとも言われる。

ハンドバッグの花柄模様にはマイクが仕込まれている。
ハンカチで鼻に触れるということはターゲットが接近している、という合図だった。
非常に巧妙なやり方で情報を収集していた。

情報提供者は自ら志願してくる人間も多かったようだ。
その立場に立つことによって自らを何者かであると感じるために、という声も多い。

英語での説明や英語でのガイドなどがほとんどないため、ドイツ語に詳しい方がより詳細な情報を得ることができるだろう。

ベルリンの危険対策


(Photo by Ed Webster Ed Webster)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク