スポンサーリンク

シャルフ・ゲルステンベルク・コレクションの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

シャルフ・ゲルステンベルク・コレクション
Sammlung Scharf-Gerstenberg

2017/05/05 更新

Sammlung Scharf-gerstenberg

概要

歴史深い美術館で潤沢なシュルレアリスムのコレクションに浸る


フランスのロマン派からシュルレアリスムまで幅広く揃っているこの美術館はシャルロッテンブルクにおけるプロイセン王の近衛連隊が置かれていた。
プロイセン王フリードリッヒ・ヴィルヘルム4世の命により1851年から59年に向けて建設された。
その後1967年から2005年にかけて旧エジプト博物館として使われ、東西ドイツの再統一に伴って貯蔵されていたエジプトのコレクションは旧東ベルリンの博物館島へ。

展示される作品群は「オットー・ゲルステンベルクを追憶するためのディーター・シャルフ・コレクション財団」のもので、サルバドール•ダリ、ジャン•デュビュッフェ、マックス•エルンスト、マグリット、アンドレ•マッソン、ギュスターヴ•モロー、ルドン、アンリ•ルソーなどがある。

オットー・ゲルステンベルクはプロイセンの実業家であり、コレクター。戦争を経て子孫に引き継がれ、ディーター自身のコレクションも合わせて同財団へとつながっていく。

ベルリンの危険対策


(Photo by Ben Garrett Rae Allen)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク