スポンサーリンク

ベルクグリュン美術館の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

ベルクグリュン美術館
Museum Berggruen

2016/08/04 更新

Museum Berggruen

概要

ピカソの歴史をなぞる旅。錚々たる作品群が凝縮された美術館

Museum Berggruen

ベルリン出身の美術賞であり、収集家ハインツ・ベルクグリュンのコレクション。
この美術館において驚かされるのは大量のピカソの作品群。
常設で3階にわたり120点以上の絵画・彫刻・素描が展示されている。

青の時代、ばら色の時代、アフリカ彫刻の時代、キュビズムの時代、新古典主義の時代、シュルレアリスムの時代と斬新な表現の開拓者であったピカソの全体像を垣間見ることができる点においては、非常に贅沢であろう。

ベルクグリュンはユダヤ系であったため、ナチスの手を逃れてアメリカへ亡命し、カリフォルニア大学バークレー校に通った後はフリーのジャーナリストへ。
その後サンフランシスコ美術館で働いていたものの、1944年に米軍兵士としてドイツへ帰国した。
1947年にはフランス・パリにてギャラリーを開き、そこでピカソなど画家と交流し、ベルクグリュンコレクション(現ベルクグリュン美術館)が完成したのは1996年。
93歳という長寿でその生涯を閉じることになる。

ピカソ以外にもアンリ・マティス、セザンヌ、シャガール、ワトーな錚々たる顔ぶれが並んでいる。

ベルクグリュン美術館の危険対策


(Photo by Rae Allen Nicholas Boos)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク