ベルリンの映画博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

映画博物館
Deutsche Kinemathek

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/08/slick_Deutsche-Kinemathek--1080x720.jpg

概要

「メトロポリス」「嘆きの天使」を始め、濃縮されたドイツ映画の歴史がここに

Deutsche Kinemathek

ポツダム広場のすぐ近くに位置するこの博物館はドイツ映画の歴史、ドイツテレビの歴史と大きく二つの軸で構成されている。
そのボリュームは相当なもので、ひとつひとつを見ているとかなりの時間を要する。

無声映画にはじまり現代に至るまで各時代の脚本、撮影道具、女優たちのコスチュームなど映画ファンであればまじまじと見たくなるようなものが揃っている。
特に目をひくのはSF映画の中では古典中の古典、フリッツ・ラング監督の「メトロポリス」。
ドイツ初のトーキー映画「嘆きの天使」のマレーネ・ディートリヒの遺品のコレクションも見応えがある。
反ナチスを叫び続けて、時代に屈することを拒み続けた彼女が母に当てた手紙など、時代を越え我々の胸をうつような展示物の数々がところ狭しとならんでいる。

ベルリン旅行者の必読記事

(Photo by Thomas Kohler Olivier Bruchez)

人気記事

ベルリンのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク