スポンサーリンク

パリのピカソ美術館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

ピカソ美術館
MUSÉE PICASSO PARIS

2017/05/05 更新

MUSÉE PICASSO PARIS

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴


バルセロナにもピカソ美術館はあるが、パリにあるこちらのピカソ美術館は世界で最も多くピカソの作品を所持している。1894年-1972年までの、3500点を越える彼の作品が描いた年代順に展示されており、絵画を通してピカソの軌跡を辿ることができる。ピカソが好きなら、必ず訪れておきたい美術館である。

ピカソは世界的に有名な画家だが、プライベートを含めて謎に包まれている部分も多い。彼が製作の過程で何を見出し、どのようにその技法を変化させてきたのかたのか。神秘の人、ピカソに最も近づくことのできる貴重なミュージアムだ。

歴史

建物は、17世紀に建てられた塩税徴収館だったサレ館を改修して1985年に作られており、堂々とした風貌。中庭には、開放的なカフェがあるので、このカフェで一息ついて、じっくりピカソの世界に浸りたい。

また、ピカソ美術館のあるサン・ポール駅には、パリ市を紹介する博物館、カルナヴァレ博物館がある。入場無料なので、ピカソ美術館に行ったついでに寄ってみよう。

パリの危険対策

人気記事

ホテル レジーナの客室
海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク