スポンサーリンク

新王宮内の博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

新王宮内の博物館
Sammlung Neue Burg

2017/05/05 更新

Sammlung Neue Burg

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

美術館、博物館となった皇帝の宮殿

Sammlung Neue Burg

ホーフブルグ宮殿は、ウィーン旧市街の中心にそびえるバロック建築の宮殿群だ。
ハプスブルグ家の王宮として使われたこの宮殿は、現在オーストリアの大統領公邸として使われている。
これらの宮殿群の中には、現在美術館・博物館として使われている建物も多い。

王宮と呼ばれる建物には、3つの博物館が入っている。
中世-近世の武器や鎧が展示される「狩猟武器コレクション」、古代都市エフェソスの貴重な出土品を鑑賞できる「エフェソス博物館」、古代の楽器類を一堂に集めた「古楽器博物館」だ。

宮殿の美術館・博物館をめぐるチケットの他に、コンビチケット、グループチケットなど、様々なチケットの販売形態があり、来訪したいスポットに応じてうまく使い分けることでグッとお得になる。ウィーンに立ち寄ったらぜひとも訪れたいスポットだ。

見どころ

古代都市の面影を感じるエフェソス博物館

Sammlung Neue Burg

王宮は個性的な博物館が揃っている。その中でも、太古のロマンに思いをはせるのにぴったりの博物館が「エフェソス博物館」だ。
エフェソスとは、現在のトルコにかつて存在した古代都市の名前だ。世界の七不思議のひとつに数えられる「アルテミス神殿」があったことで知られる。

古い時代の建築物や石像が、非常に良い状態で出土した。一面に展示されている彫刻作品のいきいきとした生命感は、悠久の時を越え、現代のわたしたちにも新鮮な驚きを与えてくれる。

ウィーン旅行者の必読記事

(Photo by Jim Killock)

人気記事

ホテルザッハー
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク