ルプレヒト教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ルプレヒト教会
Ruprechtskirche

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/08/slick_Ruprechtskirche-1080x719.jpg

概要

歴史あるウィーン最古の教会

Ruprechtskirche

ルプレヒト教会は、ドナウ運河沿いに建つウィーン最古の教会だ。言い伝えによれば、その創立は起源740年に遡るという。

ルプレヒト教会はその成り立ちの古さゆえに、幾多の改築を繰り返されている。
もっとも古い部分は青銅の中央の壁であり、12世紀始めのものと言われている。
もともとはロマネスク様式で建てられた朴訥とした教会だったが、大火事の後にゴシック様式に改築され、さらに20世紀末の改築で現代的な様式に改められている。
結果として、教会の各部にさまざまな様式を残す、ユニークな教会建築となっている。

ルプレヒト教会は、ウィーン最古のステンドグラスを備えることでも有名だ。
十字架にかけられるキリストをモチーフにしたステンドグラスは、今なお鮮やかで美しい光を放っている。

ウィーン旅行者の必読記事

人気記事

ホテルザッハー
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク