スポンサーリンク

マジョリカハウスの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

マジョリカハウス
Majolikahaus

2017/05/05 更新

Majolikahaus

概要

合理性と美術性が融合したワーグナーのアパート

Majolikahaus

マジョリカハウスは、ナッシュマルクト市場のほど近く、ウィーン・リンクの外周南側に位置する集合住宅だ。
ユーゲントシュテーィール様式の大家、オットー・ワーグナーの作品として知られる。

マジョリカハウスを印象的な建物にしているのが、壁一面に施されたタイルの装飾だ。
このタイルは、色落ちしにくく水洗いだけで綺麗になるため、手入れの手間が少ないという実益ももたらす。
美術に実用性と合理性を求めたワーグナーのこだわりが感じられる建築物だ。
また、下から見上げると、ファサード部分にぎっしりと敷き詰められた赤と緑、金色の装飾が美しい。

今も上層部は現役のアパートであり、住人もいるため、内部に入って鑑賞することはでき
ないので注意。

ウィーンの危険対策


(Photo by superscheeli Paul Barker Hemings)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク