スポンサーリンク

順益台湾原住民博物館の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

順益台湾原住民博物館 (ジュンエキタイワンゲンジュウミンハクブツカン)
順益台灣原住民博物館 (シュンイータイワンユェンヂュミンブォウーグァン)

2016/08/29 更新

Shung Ye Museum of Formosan Aborigines

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

原住民族の家屋をイメージした私立博物館。1994年に「順益汽車」のオーナーである林清富氏の原住民にまつわるコレクションの寄贈によって開館した。台湾原住民14部族それぞれのルーツを紹介しており、日本にも深く関わる文化を学べる。民俗学に興味が無くても楽しめるだろう。美しいビーズや刺繍を施した民族衣装のコーナーでは、服飾や装飾品が展示されている。台湾の歴史と文化を紐解く情報に触れよう。

見どころ

地下1階-4階のフロアごとに台湾原住民の展示がある。人と自然環境、生活と器具、衣飾と文化、信仰と祭儀をテーマにした展示の他、映像や音楽を視聴できるブースもある。セミナーやワークショップ等のイベントも行われているので、チェックしよう。国立故宮博物院の近くにあるので、ついでに足を運んでみてはいかがだろうか。

順益台湾原住民博物館の危険対策


(Photo by Raymond June Raymond June)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク