スポンサーリンク

セント・アンドリュース大聖堂の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

セント・アンドリュース大聖堂
St. Andrew's Cathedral

2016/12/14 更新

St. Andrews Cathedral

スポンサーリンク

概要

シンガポールとともに歩むカトリックを知る。

St. Andrews Cathedral

セント・アンドリュース大聖堂は、シンガポールで最も大きな教会だ。
1856年にイギリス人ロナルド・マクファーソン大佐設計によって建てられたのち、落雷で倒壊してしまったため再建され現在の姿を見せている。
ここでは教会のスタッフからの英語によるガイドツアーにも参加することが可能だ。
美しいゴシック様式の建物や礼拝堂のステンドグラスの観光名所としてだけではなく、この教会の歴史、キリスト教を学ぶセミナーも開催されているため多くの人々が訪れている。
戦争で当時の日本軍に占拠されるまでは戦地の救急病院として多くの人々を受け入れ、治療に携わる場所にもなっていた過去を持っている。
シンガポールがイギリスと共に歩んだ来た歴史を学ぶことのできる貴重な場所である。

見どころ

ラッフルズ卿の影響の大きさを知る。

St. Andrews Cathedral

ラッフルズホテルをはじめシンガポールの発展に貢献したイギリス人、ラッフルズ卿によってこの教会は建てられた。

シンガポール各所にその功績を遺した彼の足跡を確かめることができる教会だ。
現在も所属はイギリス国教会である。
美しステンドグラスは大聖堂をより壮麗なものに感じさせる。
静かな時間が今も流れている英国国教会は必見の建造物である。

(Photo by Nigel's Europe & beyond Nigel's Europe & beyond Nigel's Europe & beyond)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット