スポンサーリンク

セントーサ島のマーライオンの観光情報(料金・行き方・営業時間)

セントーサ島のマーライオン
Merlion Tower

2017/05/05 更新

Merlion Tower

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

セントーサ島に着くとすぐ目に入ってくるのが大きなマーライオンだ。マーライオンはシンガポールのシンボル。真っ白いマーライオンが水を吐き出す姿を写真や映像で見たことがある人は多いだろう。だが、このセントーサ島のマーライオンは口から水を吐くことはない。しかし、高さ37メートルのマーライオンタワーを見学することが可能だ。晴れた日にはマーライオンの頭部からシンガポール島を一望することができる。

チェック

①マーライオンタワー

Merlion Tower

頭部からシンガポールを一望

シンガポールのシンボルマーライオン。このセントーサ島のマーライオンは最もライオンらしい顔をしているとも言われ、なんと口の中に入ることが可能だ。マーライオンタワーの台座にある入り口からタワー内部へ入り、タワー内部を見学しながら、展望台まで登ってみよう。タワーの中では、シンガポールの繁栄や幸福を守り続けるマーライオンの伝説が動画で紹介されている。また、幸運を呼ぶと言われている鐘もあるので、訪れた際には鳴らして帰ろう。

②風水

風水の国、シンガポールで幸運をつかもう

セントーサ島のマーライオンはオーストラリアのアーティスト、ジェームズ・マーチンにデザインされた。実はこのマーライオン、風水の仕掛けを施されている。台座部分は風水でも縁起の良い八卦の形になっているのだが、マーライオンのウロコもよく見ると八卦の形になっているのだ。風水を大切にするシンガポールならではのデザインと言える。また、マーライオンの歯にも多様な民族を表すデザインをモチーフとしている。

風水の力を借りながらしっかりと守り神の役目を果たしているセントーサ島のマーライオン。ぜひひ立ち寄って、旅の運をさらにアップしてもらおう。

シンガポールの危険対策


(Photo by Lyndi & Jason Tomoaki INABA)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク