スポンサーリンク

クラーク・キーでのお土産情報、料金、営業時間、アクセス・行き方

クラーク・キー
Clarke Quay

2016/12/13 更新

Clarke Quay

スポンサーリンク

概要

シンガポールらしさを満喫できるエリア

Clarke Quay

「クラーク・キー」は、1870年代にシンガポール川流域の開発が進む頃、時の総督クラーク卿にちなんで名づけられた。クラークキーは5つのブロックに分けられており、中心部に噴水がシンボルの中央広場がある。

元々はレンガの倉庫街だったクラーク・キーだが、その倉庫街ならではの風情、景観を活かして、現在はシンガポールの一大観光スポットへと生まれ変わった。様々なエンターテイメントと、ショッピングエリアを合わせ持つ複合施設になっており、夜はまるで異空間のように町一帯が多くの人で賑わう。涼しい夜間は散策するだけでも楽しめるだろう。静かな昼の姿とは別人のように華やかな夜のイルミネーションにも注目だ。

また、リバークルーズで川の船旅を楽しみつつ、川からクラークキーを眺めるのもお勧めだ。夜間は美しい夜景を楽しむことができるし、昼間の静かなリバークルーズも夜の姿とはまた違った姿を見せてくれることで人気だ。時間に余裕があるのならちょっとした船旅を楽しんでみるのもおすすめしたい。

見どころ

①アトラクションも見逃せない想定外のスケールを楽しもう

Clarke Quay

昼間はかなり気温が上がる熱いシンガポールだが、夜間は涼しくなるので、のんびり散策するだけでも楽しい。クラークキーエリア内にはすべてのブロックで食事ができる店舗が設置されているので、疲れてしまってもすぐに休める場所が見つかるだろう。

また、クラーク・キーでは、バンジージャンプを体験できるジーマックス・リバース・バンジーや空中ブランコのようなエクストリーム・スイングなどのアトラクションに挑戦することもできる。

②クラーク・キーの絶品チリクラブ

Clarke Quay

川沿いにあるオープンテラスタイプのカフェレストランも人気の秘密だ。地元でも愛されている人気のレストラン「ジャンボ・シーフード」は名物チリクラブで有名なお店。世界中からの観光客から支持され大人気のお店なので、予約してから行くほうがよいだろう。ほかにも国際色で様々なレストランが立ち並んでいるのでそんなレストラン街を見て歩いているだけでも楽しい。

(Photo by William Cho edwin.11 William Cho Schristia)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット