スポンサーリンク

クラーク・キーでのお土産情報、行き方、営業時間

クラーク・キー
Clarke Quay

2017/05/05 更新

Clarke Quay

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

Clarke Quay

クラーク・キーは、様々なエンターテイメントとショッピングエリアを合わせ持つシンガポールきっての複合施設。静かな昼の姿とはうって変わって、夜はまるで異空間のようにエリア一帯が多くの人で賑わう。涼しい夜間は散策するだけでも楽しめるだろう。華やかな夜のイルミネーションにも要注目。クラーク・キーは5つのブロックに分けられており、中心部に噴水がシンボルの中央広場がある。

また、リバークルーズで川の船旅を楽しみつつ、川からクラークキーを眺めるのもお勧めだ。夜間は美しい夜景を楽しむことができるし、昼間の静かなリバークルーズも夜の姿とはまた違った姿を見せてくれる事で人気だ。時間に余裕があるのならちょっとした船旅を楽しんでみるのも良いだろう。

歴史

クラーク・キーは、1870年代にシンガポール川流域の開発が進む頃、時の総督クラーク卿にちなんで名付けられた。元々はレンガの倉庫街だったが、その倉庫街ならではの風情、景観を活かして、現在はシンガポールの一大観光スポットへと生まれ変わった。

チェック

①アトラクション

Clarke Quay

人気の「逆バンジー」に挑戦してみよう!

昼間はかなり気温が上がる熱いシンガポールだが、夜間は涼しくなるのでのんびり散策するだけでも楽しい。クラーク・キーエリア内にはすべてのブロックで食事ができる店舗が設置されているので、疲れてしまってもすぐに休める場所が見つかるだろう。

また、クラーク・キーでは、地上60メートルまで一気に上昇する「逆」バンジー、「ジーマックス・リバース・バンジー」や、空中ブランコに似た「エクストリーム・スイング」等のアトラクションに挑戦することもできる。刺激的な夜を満喫しよう。

スポンサーリンク

②カフェ、レストラン

Clarke Quay

クラーク・キーの名物料理と言えばチリクラブ

川沿いにあるオープンテラスタイプのカフェやレストランも人気の秘密だ。地元でも愛されている人気のレストラン「ジャンボ・シーフード」は、名物チリクラブで有名。世界中からの観光客から支持されている大人気店なので、予約してから行くほうが良いだろう。他にも国際色で様々なレストランが立ち並んでいるのでそんなレストラン街を見て歩いているだけでも楽しい。

シンガポール旅行者の必読記事

(Photo by William Cho edwin.11 William Cho Schristia)

人気記事

外貨両替窓口
singapore
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク