シンガポールの通貨・免税、チップの慣習、両替所の場所や営業時間

シンガポールの通貨・両替・免税

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/10/slick_sin-currency-1080x718.jpg
  • データガイド

チェック

通貨

通貨の種類
シンガポールの通貨はドル(SGD)。紙幣はSGD10,000、SGD1000、SGD100、SGD50、SGD10、SGD5、SGD2の7種類。コインはSGD1、¢50、¢20、¢10、¢5、¢1の6種類。

チップの習慣

シンガポールは日本と同様、チップの習慣はない。

両替

両替の場所、大まかな営業時間と注意点

両替所、空港、ホテル、銀行、ショッピングセンターで両替できる。銀行は月曜-金曜9:00-15:00、土曜9:30-11:30営業、日曜祝日は休み。また、銀行や支店によっては営業時間が異なるので、急ぎの場合はチェックしてみよう。両替レートは、チャンギ国際空港の両替所が良い場合がある。両替時には身分証明としてパスポートを見せる必要があるので、携帯しておくこと。

免税

免税を受けられる金額

シンガポールのGST(消費税)は7パーセントで、内税・外税での表示がある。シンガポールでショッピングをしたら、確実に免税手続きを取りたいところだ。

免税を受けるには、タックスフリー加盟店でSGD100以上を一回に買い物をすることが前提だ。ただし、デパートで買い物をした場合は、レシート3枚分の金額を合わせて申請することができる。出国前60日以内に購入した、未開封・未消費の商品のみが対象だ。

免税を受ける為の手続き

①タックスフリー加盟店で買い物をする。

②品物の購入時に、レジや専用カウンターでパスポートと領収書を提示し還付申請用紙(eTRS)を作成してもらう。

③還付申請用紙に、店員が必要事項を記入する。

空港で申請の手続きを行う。

チャンギ国際空港内、出国用チェックインホール(出国審査前)と出国乗継ラウンジ(出国審査後)にeTRSのセルフキオスクがある。機械にパスポート番号の入力、バウチャー(eTRS)の読み取りを行う。

関税検査カウンターでは、購入した商品、領収書や請求書の原本、搭乗券/航空チケット、クルーズの旅程表を示す確認スリップを見せるよう求められる場合もあるので注意が必要だ。クレジットカード、現金での払い戻しが可能。

人気記事

外貨両替窓口
singapore
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク