スポンサーリンク

シンガポールのバスの料金、乗り方 、路線図、注意点

シンガポールのバス

2016/11/05 更新

singapore bus
  • データガイド

スポンサーリンク

スポンサーリンク

路線説明

シンガポールの路線バスは、SBS TransitとSMRTの2社によって運営されている。
路線バスは、シンガポール全域を網羅しており、地元の人々にとって便利な交通手段となっている。
路線バスは観光客にとっては、路線数も多くわかりづらいところが多く、乗りこなすのは簡単ではない。
しかし、乗り慣れれば料金も安く、どこへ行くのも便利である。

シンガポールのバスの料金は、距離とエアコンの有無・支払方法によって決まる。
乗車券は、乗車時にその都度現金で支払う方法と、観光客向けのシンガポール・ツーリスト・パスや、地下鉄も利用可能なICカードであるEZ Linkカードもある。
シンガポール・ツーリスト・パスは、1日券・2日券・3日券とあり、有効期限内であれば、一部のバスと地下鉄が乗り放題のお得なパスである。
滞在期間に合わせて購入するとよいだろう。

路線図HP
http://www.sbstransit.com.sg/index.aspx

乗車券の種類

乗車券の種類と料金

■1回分:距離・エアコンの有無によって異なる。
乗車時に直接運転手に支払うため、行き先を告げて料金を確認しなければならない。
おつりや両替は不可のため、小銭が必要である。

■EZ-linkカード:ICカード。チャージして利用する。
MRTでも利用可能で、コンビニや駐車場の支払いも可能。
最初にSGD12で購入(内デポジットとしてSGD5含み、デポジット代は返金不可)

■シンガポール・ツーリスト・パス:観光客向けパス。
MRTと路線バスが乗り放題。
1日券:SGD20・2日券:SGD26・3日券:SGD30がある。

乗車券の購入場所

■自動発券機
■EZ-linkカードは駅の窓口で購入可能
■シンガポール・ツーリスト・パスは、主要駅の窓口にて購入可能。

乗り方

sin_bus

①バス停を確認する
シンガポールの道路は一方通行のところが多く、路線バスは行きと帰りでは異なるルートを通ることが少なくない。
そのため行きと帰りの停留所名が異なり、非常にわかりにくい。
バスに乗車する際は、インターネットで事前に、バス停の位置や路線図を調べておくことをお勧めする。

②バスを停める
バスが到着したら、乗る意思表示をしなければならない。
手を挙げて運転手にわかるように合図をする。

③乗車する
乗車するときは前のドアから乗る。
シンガポール・ツーリスト・パスやEZ-linkカードは、カードリーダーもかざす。
現金で払う場合は、運転手に料金を確認して支払うと、チケット発行マシーンから乗車券が出てくるので取る。

降り方

車内には電光掲示板は一部のバスのみにあり、現在地も正しく表示されないこともあるため、注意が必要である。
車内アナウンスはないため、降りる停留所が何番目なのか、事前に確認しておくとよいだろう。
目的地の停留所が近づいたら、ブザーを押して降りる合図をする。
降りるときは、後ろのドアから降りる。
シンガポール・ツーリスト・パスやEZ-linkカードは、降りるときもカードリーダーにかざしてから降りる。
現金で支払った場合は、乗車券を乗車券入れに入れてから降りる。

その他注意点

■時刻表はない
日本ではバス停に、時刻表が貼ってあるのが普通であるが、シンガポールのバス停には時刻表は貼っていない。
約10分から20分おきに運行はしているが、遅れて到着することもある。
到着時刻を知りたいときは、アプリで調べることが可能である。

シンガポールのバスの危険対策


(Photo by SBS593G Transport Photos Karl Baron)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク