スポンサーリンク

国際市場でのお土産情報、料金、営業時間、アクセス・行き方

国際市場
국제시장 (クッチェシジャン)

2016/12/13 更新

gukje-market

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

国際市場の歴史

国際市場は朝鮮戦争後が始まりとされている。
戦争後、釜山に人が集まるようになり、商売が始まっていった。
その規模が大きくなり、今の市場として存在している。

店舗がかなり密集しており、数も多く約1200店舗が存在していると言われている。
市場を全て回ってみると、電化製品から食品、生活用品までもが取り揃えられており、釜山市民生活を支えていることがわかるだろう。

最近ではこの国際市場を主とした映画「国際市場で逢いましょう」が放映され、韓国では大ヒットを記録している。
また日本でも放映されたので、日本人もこの「国際市場」という市場に関心を示している人も多くなった。
そのような要因から国際市場はこれからますます注目を浴び、さらなる進歩をしていく市場になっている。

見どころ

①種類豊富な市場の数々

国際市場は名前に国際と入っているだけあり、国際色豊かな商品が揃っている。
アジア圏のものがほとんどですが、日本では見慣れないお菓子類や日用品が数多くあり、ウィンドウショッピングをするだけでも楽しいスポットになっている。

近くにはチャガルチ市場釜山タワーなどの観光名所もあり、この国際市場にも観光客が流れ込んでいて、国際色豊かな交流ができる場所にもなっている。
しかも屋台で買うと、正規の店などに比べて値段が安いので、地元民からも愛されている市場になっている。
最近は若者向けの通りなどもあり、老若男女誰もが楽しめる市場になりつつある。

②食べ歩きには最適のスポット

市場の中には所々に飲食店が軒を連ねている。
食べ物屋台で少し食べ物を買って、食べながらショッピングするというのもこの市場の醍醐味だ。

国際市場なので、トッポギからホットドック、おにぎりなど様々な国の食品がある。
値段も安いので、食べ歩きをしてみては。

国際市場の危険対策

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク