富平市場でのお土産情報、料金、アクセス・行き方、営業時間

富平市場
부평시장 (ブピョンシジャン)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

釜山市(プサンシ)中区(チュング)富平洞2街(プピョンドンイーガ)11-15

地下鉄1号線チャガルチ駅

料金

無料

営業時間

店舗により異なる

休業日

店舗により異なる

HP

no image
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

富平市場の別名

朝鮮戦争が終わった頃、アメリカ軍の進出によりアメリカからの輸入物資が市場で下されていたのが富平市場の始まりである。
輸入物資とはほとんどが軍用物資であったが、その中にはアメリカの缶詰や食料品、お菓子、衣類などがあった。
特に缶詰の数が多く、缶詰を横流しし、多く販売されていた。
このことから富平市場は「カントン市場」とも呼ばれていいる。
カントンとは缶詰という意味がある。

その後韓国でも多くの輸入が解禁され、この市場でも様々なものが店頭に並ぶようになった。
今では洋酒やアクセサリー類、衣類、電化製品も置かれるようになり、ますます活気あふれる市場になっている。

見どころ

①多彩な4つの通り

富平市場は大きく4つの通りに分けられている。

まず1つ目の通りは、ゴマや日本のものが多く売ってある通り、2つ目はお粥の食堂がズラッとある通りで、3つ目は韓国の伝統的な衣装が並ぶ通り、4つ目は豚足通りといってグルメの通りである。

ここでの見どころは豚足通りだ。
豚足通りでは釜山では有名な豚足を食すことができる。
豚足は栄養満点なのはもちろん、この市場ではかなりリーズナブルな値段で料理の数や量も多い。
富平市場に訪れた際はこの市場の豚足通りを訪れることをお勧めする。

②大盛況の夜市場

富平市場は朝と昼だけでなく、夜も大いに盛り上がる。
近年この富平市場を盛り上げるために開催された夜市場は、観光客はもちろん、地元の釜山市民にも大人気となっている。

さまざまな国の伝統料理を扱う店舗が数多く出店しており、フィリピン、インド、韓国、日本など多種多彩な料理を味わうことができる。
値段も安く、ボリュームも満点な料理がたくさんある。
朝昼は富平市場でショッピングを楽しみ、夜は夜市場で食べ歩きすると良いだろう。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産・仏国寺も見学!新羅の古都慶州を日帰りで

  • 釜山のお勧めツアー

    慶州日帰り充実プラン☆世界遺産 仏国寺と石窟庵+古墳公園+校洞村+国立慶州博物館

    世界10大遺跡都市である慶州を徹底的に観光する日帰りプラン。世界文化遺産に指定された仏国寺や花崗岩を組んで作られた石窟庵など、新羅千年の文化を感じる遺構や芸術が目白押しだ。ランチは慶州名物のサンパッ韓定食。

    ➡ 詳細はこちら

  • 釜山旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    富平市場へのアクセス

    釜山空港(金海空港)から

    ▪️電車で行く場合
    軽鉄 空港駅→沙上駅→下鉄2号線 沙上駅→西面駅→地下鉄1号線 西面駅→チャガルチ駅
    ・予算
    カードは₩1900(1人)
    現金は₩2800(1人)

    ・時間
    約44分
    乗り換えは2回

    ▪️リムジンバスで行く場合
    空港からリムジンバスが出ており、これに乗ればチャガルチ市場がある南浦洞(ナンポドン)まで行くことができる。
    乗り換えがないので便利。
    海雲台(ヘウンデ)方面へ行く便もあるので注意。
    リムジンバスでは、日本語の案内もあるので安心して乗車できる。

    ・予算
    ₩6000(1人)

    ・時間
    約40分

    ・乗り場
    2番乗り場

    ▪️タクシーで行く場合
    ・予算
    ₩12000

    ・時間
    約20分

    上記の手順で地下1号線チャガルチ駅まで着いたら、7番出口をでてまっすぐ1つ目の信号を左、そのまま進んで左手方向

    プラン相談

    どんな釜山旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「2万円以内で釜山旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    釜山のホテル
    海外での防犯対策グッズ