スポンサーリンク

衝山路・租界地区×観光

このカテゴリーを上海全域で見る

特集

yuyuan

【中国】上海のお勧め定番観光スポット10選

初めて上海に訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

衝山路・租界地区×観光

5件

shanghai arts and crafts museum

1

上海工芸美術博物館

白亜の洋館で伝統工芸の技に触れる

中国の伝統工芸品を集めた博物館。 象牙、ヒスイ彫刻、刺繍、切り絵、ランタン、編み物などの工芸品が展示されている。 精巧な細工が施された数々の工芸品からは、中国伝統工芸の技術の高さをうかがい知ることができる。

xujiahui cathedral

2

徐家匯天主教堂

かつては極東一ともいわれた教会

中世ゴシック様式のローマ・カトリック教会であり、カトリック上海教区の司教座聖堂。 フランス人により設計され、1904年に着工、1910年(清の光緒36年)に完成した。 正式名称は聖イグナチオ教会。 教会の名称は、イエズス会の創設者であり、この聖堂の守護聖人でもあるイグナチオ・ロヨラの名前に由来するものである。 完成当時は極東一のカトリック教会聖堂であるといわれていた。

the tomb of Xuguangqi

3

徐光啓墓

偉大な政治家・歴数学者徐光啓の墓

明代の政治家であり、暦数学者でもあった徐光啓の墓。 徐光啓は1562年に生まれる。 政治家として礼部尚書、内閣大学士を務め、学者としては、ユークリッド原論を翻訳した『幾何原本』や暦法書『崇禎暦書』などの刊行に尽力した。 1633年にこの世を去るが、その功績は大きく、当時の皇帝・崇禎帝より哀悼の辞と葬儀費用を賜うほどであった。

スポンサーリンク

International Christian Church

4

上海国際礼拝堂

聖歌隊から始まったプロテスタント教会

上海で最大のプロテスタント系教会。 毎週日曜にミサが行われている。 英語、ドイツ語など外国語でのミサも行われ、教会内では様々な言語を聞くことができる。 宗派や国籍問わず誰でも見学や礼拝に訪れることができる。

Shanghai Propaganda Poster Art Centre

上海宣伝画芸術中心

中国の近代史をポスターに見る

総統公寓(アパート)の地下にある、政治宣伝ポスターを集めた施設。 中華人民共和国成立から1970年代までのものが揃っている。 政治情勢によりその内容や表現も様々に変化しており、中国の政治情勢の変遷について理解を深めることができる。 コレクションは全て上海宣伝画芸術中心のオーナーの私物。

スポンサーリンク

スポンサーリンク