スポンサーリンク

上海城市計画展示館の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

上海城市計画展示館 (シャンハイジョウシケイカクテンジカン)
上海城市规划展示馆 (シャンハイ チオンシー グゥイファ ヂャンシーグァン)

2016/08/04 更新

Shanghai Urban Planning Exhibition Center

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

上海の過去・現在・未来の姿を知る

Shanghai Urban Planning Exhibition Center

人民公園の隣、市政府ビルの東側に位置する、「都市」、「市民」、「環境」、「発展」をテーマにした博物館。
上海の都市計画についての写真資料、立体模型などが展示され、上海の過去、現在、未来の姿を知ることができる。
上海の街の作りを知ることができるので、観光初日に訪れてみるのも良いだろう。

5階はホール及びカフェレストラン、4階は都市計画についての展示、3階は未来の上海市の模型、2階は特別展等の展示、中2階は都市計画及び上海の歴史についての展示、地下1階は1930年代の上海の街並みを再現した展示となっている。

独特な形の建物にも注目したい。
これは中国の伝統的な城門をイメージしてデザインされたものである。
また、網目状の屋根は上海市の花であるマグノリア(木蓮属の花)を象徴したデザインとなっている。
ちなみに建物の高さは43,3メートル、総面積は18,393平方メートル、そのうち展示室は7,000平方メートルを占める。

音声ガイド及びパンフレットは、中国語、英語、日本語を含む8か国語で用意されている(20元、デポジット100元)。

見どころ

未来の上海の街並みを再現した模型

Shanghai Urban Planning Exhibition Center

見どころは、2020年の上海の街並みを再現した立体模型。
3階の展示室を占めるその模型は、360度どこからでも見学することができるようになっている。
上海に存在するすべての建物が実物の500分の1で作られており、大きさもさることながら、その精密さにも驚かされる。
上海在住の人が見れば、将来自分の家やその周辺がどのような姿になるのか具体的に知ることができるほどである。

上海城市計画展示館の危険対策


(Photo by Mätes II. IvanWalsh.com)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク