スポンサーリンク

上海海洋水族館の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

上海海洋水族館 (シャンハイカイヨウスイゾクカン)
上海海洋水族馆 (ハイ ヤン シュイ ズー グァン)

2016/08/04 更新

Shanghai Ocean Aquarium

スポンサーリンク

概要

アジア最大級の水族館

Shanghai Ocean Aquarium

2002年2月に東方明珠電視塔横にオープンした、アジア最大級ともいわれる水族館。
地上3階、地下2階建で、総面積は20,538平方メートル。
絶滅の危機に瀕している生物を含め、300種類以上、10,000匹以上の生物を飼育している。
観光客だけでなく上海っ子にも人気のスポットである。

館内は、「中国」、「南アメリカ」、「オーストラリア」、「アフリカ」、「東南アジア」、「冷水」、「北極・南極」、「海と海岸」、「深海」、特別展示という10個のゾーンで構成されており、世界各地から集めた様々な生物に出合うことができる。
また、水槽内だけでなく、各ゾーンごとに工夫が凝らされた展示室の演出にも注目したい。

中国ゾーンでは中国国内に棲息する水生生物を見ることができる。
多くは天然記念物に指定され、また絶滅の危機に瀕しているという。
中国の絶滅危惧種を集めひとつのテーマとして展示する水族館は世界でもここだけである。
水槽の水も長江の水を使うという徹底っぷりだ。

見どころ

世界最長を誇る海底トンネル

Shanghai Ocean Aquarium

最大の目玉は、世界最長を誇る155メートルの海底トンネル。
深海ゾーンにある。
動く歩道に乗りウミガメやサメなどが泳ぎ回る水槽を仰ぎ見ることができ、海底を散歩しているかのような気持ちになることのできる展示となっている。
また、海底に広がる珊瑚礁の海、岸近くに広がる珊瑚礁の海、と様々な海の姿を見せ、訪れる人の目を楽しませる展示となっている。

(Photo by MiNe MiNe Yu Morita)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット