古陶文明博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

古陶文明博物館 (コトウブンメイハクブツカン)
古陶文明博物馆 (ゴウタオ・ウェンミン・ボウウグアン)

2017/05/05 更新

Ancient Ceramic Civilization Museum

データガイド

アクセス・入場

概要

陶器や珍しい封泥のコレクションを展示する、私設博物館

北京安門内西街にあるこの小さな博物館は、北京の画家路東之さんが運営する私設博物館である。1997年開館。
新石器時代から、奏、漢の時代の陶器、瓦、泥細工など2000点が展示されている。

かつての庶民の暮らしを感じさせる生活用品としての陶器、その後、家材や墓所にも利用されるようになった陶器などを見ることができる。
奏や漢の時代の封泥(ふうでい)のコレクションが珍しい。
封泥は、古代、竹や木の札を縄で結んで運ぶときに、縄の結び目を封印するために泥に印を押した物である。
「瓦当大観」「彩陶淵薮」「封泥絶響」「古陶序列」というテーマにわけて、展示されている。
画家でもある博物館館長自身の作品も並ぶ。日本からも、多くの陶器愛好家が訪れている。

北京旅行者の必読記事

(Photo by Editor at Large)

人気記事

北京のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク