ハイドパーク バラックス博物館の観光情報(作品・行き方・営業時間)

ハイドパーク バラックス博物館
Hyde Park Barracks Museum

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Queens Square, Macquarie Street, Sydney, NSW 2000

シティレールT2線、T3線St. James駅

料金

大人(16歳以上)はAUD10
子供(15歳以下)はAUD5
家族(大人2人、子供2人)はAUD20

営業時間

10:00-17:00

休業日

グッドフライデー、12/25

HP

Hyde Park Barracks Museum

概要

特徴

Hyde Park Barracks Museum

ハイドパーク バラックス博物館は、1819年に流刑囚達を収容する宿舎として造られたジョージ王朝様式の建造物である。このレンガ造りの小さな収容所は、流刑囚の建築家、フランシス・グリーンウェイによって設計されたものであり、設計も建築も囚人によって行われたという珍しい建物だ。

1818年に建てられてから30年の間、600人もの男性囚人が寝泊まりする刑務所として使用されてきたが、1848年に囚人達がコッカトゥー島に移されてからは移民の収容所となり、1887年には法廷や庁舎として使用されるようになった。1984年には博物館として一般公開されるようになり、オーストラリア囚人や開拓時代の歴史を知ることができる貴重な施設として、2010年には世界遺産に登録された。

チェック

博物館内部

Hyde Park Barracks Museum

開拓時代の歴史を偲ぶことができる

オーストラリアはもともとイギリスの流刑地であった。この地に送り込まれた流刑囚達は、日中は新天地を開発するための労働に駆り出された。ハイドパーク バラックス博物館が流刑囚の宿舎として使用されていた1818年から1848年の間、この小さな宿舎には600人もの流刑者が収容されていた。

ここでは、流刑囚のデータベースを閲覧できる他、流刑囚たちの遺品も展示されている。特に、囚人達の寝床として使われていた小さなハンモックが並んでいる様は見応えがある。

編集部一押しの観光プラン

カンガルー探しに鍾乳洞見学!名物ガイドと旅する大自然

  • シドニーのお勧めツアー

    ブルーマウンテンズ+ジェノラン鍾乳洞+展望台と野生カンガルー探検

    日本語堪能なオーストラリア人ガイドと巡る、世界遺産ブルー・マウンテンズ国立公園の旅。秘境・ジェノラン鍾乳洞探索や野生のカンガルー探しと、ダイナミックな自然ととことん触れ合う。愉快なガイドが老若男女問わず大人気だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • シドニー旅行者の必読記事

    シドニーの危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!
    海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!
    マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!
    海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!
    (Photo by Andy Mitchell Alpha Adam Jones)

    人気記事

    シドニーのホテルからの夜景
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク