サンフランシスコ旅行のおすすめ観光スポット5選!

sightseeing in San Francisco

2018/10/23 更新

アメリカ合衆国西海岸、カリフォルニア州北部の都市,、サンフランシスコ。SFやFrisco(フリスコ)の愛称で知られている比較的治安も安定し、観光名所も多く、世界中から多くの観光客が訪れている。丘が多い都市として知られ、急勾配の坂道は映画などでもよく登場している。一年の気温の変化が少なく、毎年、「世界で最も住みやすい都市ランキング」に選ばれている、サンフランシスコを訪れるなら必ず行きたい人気の観光スポットを5つ紹介する。

■関連記事

【サンフランシスコのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

チャイナタウン

  • sightseeing in San Francisco
    世界最大と言われる規模を誇る、サンフランシスコのチャイナタウン。ドラゴンゲートと呼ばれるカラフルな門をくぐると、中国語が飛び交い、洋風建築の建物にランタンが吊るされ、漢字表記の看板が並ぶ。食品市場や本格的な中華料理店、路上の屋台、中国建築のお寺などがあり、1840年代からこの土地に暮らす中華系移民の人々の歴史と文化を垣間見ることができる。通りを歩けばまるで中国に来たかのような錯覚に陥る異国情緒漂うエリアとして、地元人だけでなく多くの観光客が訪れている。

  • ツインピークス

  • sightseeing in San Francisco
    丘が多い街として知られるサンフランシスコには坂道も多く、街のいたるところから美しい景色を眺めることができる。中でもサンフランシスコ市街地を360度見渡すことができるのが、その名の通り二つの丘が並ぶ、ツインピークスだ。郊外に位置し交通手段がないため、ツアーへの参加、または、レンタカーやタクシーをチャーターするなどの方法で訪れることができる。ゴールデンゲートブリッジを含むダウンタウンの景観を一望できるほか、夜景の美しいスポットとして知られている。

  • フィッシャーマンズワーフ

  • sightseeing in San Francisco
    大きなカニの看板がシンボルのフィッシャーマンズワーフは、ゴールドラッシュ以降続くサンフランシスコの主要な漁港で、ギラデリ広場からアルカトラズ行きのフェリー乗り場ピア35までを言う。水揚げされたばかりの新鮮な魚介類を使用したレストランや屋台、ショッピングモール、ギフトショップなどが並ぶ名物のサワードブレッドをクラムチャウダーやゆでたてのカニと一緒にほおばるのがローカル流。桟橋に住み着いているアシカの群れや、ストリートパフォーマンス、水族館や博物館などじっくりまわると半日では足りないほど見どころが多い名所だ。

  • ユニオンスクエア

  • sightseeing in San Francisco
    サンフランシスコダウンタウンの中心地、ユニオンスクエア。ユニオンスクエア周辺には、メーシーズやバーニーズ・ニューヨークをはじめとする高級デパート、日本でもおなじみのユニクロ、GAP、H&Mなどのファストファッションショップ、プラダ、カルティエ、ブルガリなどの高級ブランドブティックなどが並ぶショッピングエリアとして知られている。また、数多くのホテルやおしゃれなカフェ、レストランが軒を連ねており、観光の拠点にぴったりだ。

  • ゴールデンゲートブリッジ

  • sightseeing in San Francisco
    映画にも数多く登場し、知らない人はいないであろうサンフランシスコのランドマーク、ゴールデンゲートブリッジ。サンフランシスコと北のマリン岬を結ぶ吊橋で、全長2737メートルにも及ぶ。サンフランシスコ湾と太平洋が交わるゴールデンゲート海峡にかけられたことから、その名がついたと言われている。日中であれば、歩行者と自転車は歩道を渡ることができる。橋の上は強い風が吹き付け、夏場には霧がかかることが多い。霧に包まれたゴールデンゲートブリッジは、宙に浮かんでいるように神秘的だと言われている。