グリフィス天文台の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

グリフィス天文台
Griffith Observatory

2017/11/07 更新

基本情報

住所

2800 E Observatory Rd, Los Angeles, CA 90027

土曜、日曜のみ地下鉄レッドラインVermont / Sunset駅からシャトルバスの運行あり

料金

入場は無料

・プラネタリウムショー
$7
60歳-、学生は$5
5歳-12歳は$3

営業時間

火曜-金曜は12:00-22:00
土曜、日曜は10:00-22:00
※グラウンドと駐車場は日の出-22:00まで

休業日

月曜、主な祝日(マーティン・ルーサー・キング、ジュニア・デー、ワシントン誕生日、セザー・チャベスデー、メモリアルデー、独立記念日、レイバーデー、コロンブスデー、サンクスギビングデー、クリスマス)
※元旦は開館

HP

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

特徴


グリフィス天文台は、ロサンゼルスのグリフィスパーク内にあるアールデコ調の天文台だ。その優雅な外観と、標高1134フィート(約345メートル)から望む夜景の美しさからカリフォルニア州有数の観光スポットとしても人気が高い。2006年に大規模なリニューアルを行い、カフェや展示場が加わった事で一層過ごしやすくなった。

さまざまな映画やドラマのロケ地となっている場所でもあり、「理由なき犯行」ではジェームス・ディーンがプラネタリウムで課外授業を受けるシーンや決闘を行うシーンがあり、中庭にはそれを記念したジェームス・DEENの彫像も鎮座している。ジム・キャリーの「イエスマン “YES”は人生のパスワード」はグリフィス天文台が舞台。また、「ターミネーター」や「トランスフォーマー」といった話題作にも登場している。事前に見ておけば観光がいっそう楽しみになるだろう。

小高い丘の上に建っているためやや便は悪いが、週末には公共のシャトルバスが出ているので活用しよう。

歴史

1896年、メキシコ銀山で莫大な財産を築いたグリフィス・ジェンキンス・グリフィスが、ロサンゼルス市民へのクリスマスプレゼントとして4210エーカー、東京ドーム364個分もの土地を寄付。ロサンゼルスの美化の為、また市民の憩いの場として自分の名前を冠する公園を作るように望んだのが建設のきっかけだった。その後グリフィスは天文台の建設を希望したが、殺人未遂事件を起こしていた彼の願いは叶えられる事なく、死後の遺言に従って「グリフィス財団」が発足。1935年にグリフィス天文台が完成する事となった。

チェック

①天文台


バラエティー豊かな展示の数々

館内では天文学に関するあらゆる展示を見る事ができる。天文学の歴史を学べるる「Wilder Hall of the Eye」や、巨大な宇宙図のあると「Gunther Depth of Space」等、見どころがいっぱい。最新の巨大望遠鏡も広く公開されており、昼も夜も一目覗き込もうと列になっている事が多い。天文ファンはもちろん、そうでない人も楽しめる事請け合いだ。

また、グリフィス天文台及びグリフィスパークではさまざまな無料イベントも開催中。月に1回開催される「パブリックスターパーティー」と呼ばれるイベントでは、天体望遠鏡が貸し出され、芝生の上で自由に天体観測が可能だ。タイミングが合えば興味のあるプログラムに申し込んでみよう。

②プラネタリウム


魅力的な3つのプログラムが上演中

グリフィス天文台の中央にある大きなドームが、館内で最も人気の高いプラネタリウム「サミュエル・オシン・プラネタリウム(Samuel Oschin Planetarium)」だ。チケット時間指定だが事前予約はできない為、グリフィス天文台に付いたら真っ先に窓口に行ってを手に入れよう。座席は290あり、毎日12:45-20:45(土曜、日曜は10:45-20:45)の間、3つのプログラムを交互に上演中。1時間に1本のペースで上演され、上演時間は30分程度。最新の設備を使った大迫力の星空を堪能しよう。

③夜景


光の絨毯のようなロサンゼルスの夜景

プラネタリウムで美しい星空を眺める事ができるグリフィス天文台だが、それ以上に有名なのが天文台から望むロサンゼルスの夜景の美しさだ。ロサンゼルスはマンハッタンのような摩天楼が広がっている訳ではないので、絨毯のように敷き詰められたオレンジ色の輝きが見渡す限り広がる事になる。大海原のような輝きをぜひ目に焼き付けよう。館内にはコイン式の双眼鏡もあちこちに設置されている。

④ショップ、カフェ、レストラン


ユニークなお土産を見つけよう!

館内にはカフェ「The Café at the End of the Universe」が営業中。サンドイッチ等の軽食を取る事ができる。宇宙船にいるような独特な内観も魅力的だが、天気が良い日はテラスや外の芝生でロサンゼルスの景色を見渡しながら食べるのも気分が良い。

また、1階にあるギフトショップでは宇宙に関係した書籍やおもちゃ、宇宙服のレプリカ等、天文台ならではのグッズや展示が揃う。お土産を買うにもぴったりだ。

旅のプロ直伝 グリフィス天文台観光のポイント

旅工房トラベル・コンシェルジュ
アメリカ担当
藤澤 絢音
提携パートナー
数多くの映画の舞台となってきたグリフィス天文台。2017年話題になった映画「ラ・ラ・ランド」のロケ地となってから、再び注目を集めています!

1番お勧めの時間帯は夕方から夜にかけてです。夕方は街全体が赤く染まり、夜になると無数の光が散りばめられた光の絨毯のような美しい夜景へと変化していきます。時間帯によって違う顔を見せてくれるので、長く滞在していても飽きることはありません。景色以外にも楽しむポイントはたくさんあり、語り手の臨場感溢れる生の声で、宇宙や星座の神秘の世界を解説してくれるプラネタリウムもお勧めです!またハリウッドサインが綺麗に見る事ができることも魅力の一つです。

編集部一押しの観光プラン

【H.I.S.】ロサンゼルス弾丸ツアー5日間の旅

  • 【WEB限定】往復直行便で行く!★現地支店が安心日本語サポート★往復送迎なしの完全フリープラン ロサンゼルス5日間 ベストウェスタンプラス コマースに滞在

    成田空港を夕方に発ち、到着は昼間のロサンゼルス。5日間という短い旅程ながら現地の滞在時間を可能なかぎり長く取った、お手頃価格の弾丸ツアー。当地では自由に行動し、困った時はH.I.S.が日本語対応でバックアップしてくれる。お得なプランだ。
    ➡ 詳細はこちら
  • ➡ その他のロサンゼルスツアーはこちら

    ロサンゼルス旅行者の必読記事

    (Photo by Passion Leica Trevor Benedict donielle Long Zheng Eric Chan)

    アクセス・入場

    グリフィス天文台へのアクセス


    小高い丘陵に建つグリフィス天文台は、近くに駅もなく交通の便がやや悪い。しかし、土曜、日曜には地下鉄レッドラインVermont/Sunset駅からシャトルバスが発着している。地下鉄の駅を出てすぐのところに「Observatory Shuttle」の看板があるので迷う事はないだろう。10:00-22:00まで運行しており(天文台から駅までは10:25-22:25)、片道約25分。運賃は50¢で、乗車時に支払えば良い。

    平日のアクセス

    シャトルバスが運行していない平日は、公共交通機関を利用してのアクセスは難しい。ツアーに申し込むか、レンタカーやタクシーをチャーターする事をお勧めする。また、天文台周辺に流しのタクシーはほとんどいないので、タクシーで訪れた場合にはそのまま待機させておくのが無難だ。

    人気記事

    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    ロサンゼルスのホテル
    【ロサンゼルスのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド
    スーツケース お勧め人気ブランドランキング