ロサンゼルス国際空港と市内へのアクセス方法

ロサンゼルス国際空港と市内へのアクセス

2018/03/14 更新

ロサンゼルス国際空港
データガイド
プラン相談

データガイド

概要

特徴

ロサンゼルス国際空港の内観

ロサンゼルス国際空港(LAX空港) は、カリフォルニア州ロサンゼルスにある国際空港。主にアメリカ西海岸の玄関口として利用され、毎年6000万人近くが利用している世界的にも忙しい空港だ。アメリカ国内線への乗り継ぎに利用する人も多いだろう。

・ロサンゼルス国際空港公式ホームページ
http://www.lawa.org/welcomeLAX.aspx

ターミナル

ロサンゼルス国際空港のターミナル

ロサンゼルス国際空港には、9つのターミナルがU字型に設置されている。各ターミナル間は無料のシャトルバスで移動する事が可能だ。日本からの直行便を運行している航空会社では、アメリカン航空はターミナル4、デルタ航空はターミナル5、ユナイテッド航空はターミナル6、また日本航空(JAL)や日本航空(ANA)、シンガポール航空は2010年にリニューアルが完了した国際線専用ターミナル、トム・ブラッドレー国際線ターミナル(TBIT)に就航する。

・各ターミナルのマップ
http://www.lawa.org/welcome_LAX.aspx?id=256

乗り継ぎ

ロサンゼルス国際空港は利用者も多く、入国時も出国時も混雑する事が多い。乗り継ぎにかかる時間も余裕を持って見積もろう。

日本からロサンゼルス国際空港を経で乗り継ぎを行う場合、入国審査を行ってから無料のターミナル間シャトルバスか徒歩で乗り継ぎ便のターミナルへ向かおう。荷物のピックアップが必要かどうかは各航空会社で確認を。日本の航空会社が乗り入れるTBITはターミナル3とターミナル4の中間地点に位置する。例えばターミナル4のアメリカン航空へ乗り継ぐ場合には徒歩5分ほどで移動が可能だ。エレベーターを利用して3階の出発ロビーに進もう。

また、逆にロサンゼルス国際空港を乗り継いで日本へ帰国する場合、TBITまでターミナル間連絡通路を使えば保安検査を受ける必要がなくなり、乗り継ぎ時間を短縮できる。

Wi-Fi、SIMカード

ロサンゼルス国際空港のWi-Fi事情

空港内では無料でWi-Fiが利用できる。〈LAX-WiFi〉のネットワークを選択して、表示された画面中央の「Get Online Now!」をタップするだけ。有料コースもあるので複数の選択肢が表示されるが、「Complimentary Wifi」を選択し、「ACCSEPT AND CONTINUE」をクリックしよう。ただし、45分間しか使用できないので注意。

また、空港内の到着ロビーには旅行者向けのプリペイド式SIMカードを販売しているブースもある。旅行プランにあったプランのカードを購入するのもお勧めだ。

免税店、レストラン

ロサンゼルス国際空港内のショップ

TBITでは複数の免税店やレストランが営業している。エルメスやグッチ、バーバリー等の高級ブランドのショップの他、香水や時計等のアイテムも揃う。ばら撒き用のお菓子も販売しているので、お土産を買い忘れた場合にも安心だ。

両替所、ATM

ロサンゼルス国際空港の両替

空港内には至る所に両替所やATMがあるので安心。ただし両替のレートは決して良くないので、あらかじめ日本で両替を済ませておくか、空港では最低限の両替のみ行って残りは市内で行うのが無難だ。

ラウンジ

ロサンゼルス国際空港内にあるラウンジ

ロサンゼルス国際空港内には様々なラウンジが営業している。なお、プライオリティパス(年会費を支払う事で世界中900ヵ所以上の空港ラウンジに無料で入場できるパス)を使って入場可能なラウンジは以下の通り。シャワーを利用できるラウンジもあるので積極的に利用しよう。

・ターミナル2
AIR CANADA MAPLE LEAF LOUNGE(6:00-22:30/シャワー設備あり)

・ターミナル3
THE VIRGIN AMERICA LOFT(6:00-23:30)

・ターミナル6
ALASKA AIRLINES BOARD ROOM(5:00-0:00)

・TBIT
KAL LOUNGE(9:00-0:30/シャワー設備あり)

➡ ラウンジが利用できるクレジットカードはこちら

ロサンゼルス国際空港から市内へのアクセス

到着後は、入国審査⇒預けた荷物の受け取り⇒税関を通過⇒出口という流れ。税関の審査を終えて出口を出たら、空港内の標識にしたがって各交通機関の乗り場へ向かおう。

フライアウェイバスで市内へ

フライアウェイバス(LAX FlyAway bus)は、ロサンゼルス空港とユニオンステーションやウエストウッド等の主要ターミナルをつなぐバス。

■所要時間
行き先による。

■運行時間
ユニオンステーションは24時間、その他は6:00-23:00台。

■料金
ウエストウッド行きは$10、その他の目的地は$8。料金は後払い制。

■運行間隔
20分-1時間。

■乗り場
到着ロビーを出た先にある「FlyAway, Buses and Long Distance Vans」の案内板に従って進む。車体に「Flyaway」のロゴがあるのですぐ分かるだろう。

・フライアウェイバスの詳細はこちら
http://www.lawa.org/FlyAway/default.aspx

シャトルバスで市内へ

ロサンゼルス国際空港から発着する無料シャトルバスの「G」に乗車し、Aviation/LAX駅で下車。そこから電車に乗り継ぐ。あるいは、シャトルバス「C」に乗車して

■所要時間
ダウンタウンまでは1時間程度。

■運行時間
路線によって異なる。

■料金
$6.25程度。

タクシーで市内へ

待ち時間もなく、目的地に直接向かう事ができる。やや割高だがスムーズに移動したい人にお勧め。

■所要時間
40分程度(道路の混雑状況による)。

■料金
$55程度(チップ含む)。

■乗り場
タクシー(Taxi)のサインにしたがって、各ターミナル到着フロアを出たところの公認タクシー乗り場へ。

日本-ロサンゼルス間のフライトで得られるマイル

  • 出発地 貯まるマイル数
    東京/成田 1万916マイル
    東京/羽田 1万916マイル
    大阪/関西 1万1424マイル
    参考として、1万マイルで東京-大阪間の航空券に、2万マイルで東京-グアム間の航空券に換えることができる。

    ※マイル数は往復分を表記
    ※航空会社や利用する時期、割引によってマイル数は変動する

    ➡ 【貯めなきゃ損】マイルの貯め方・使い方の徹底解説はこちら

  • 旅のプロ直伝 ブルーモスク観光のポイント

    執筆者の旅工房コンシェルジュ、藤澤絢音さん
    旅工房トラベル・コンシェルジュ
    アメリカ担当
    藤澤 絢音
    提携パートナー
    ロサンゼルス空港から各エリアまでの交通手段は、主にタクシーやシャトルバス、メトロです。ダウンタウン、ハリウッド、ビバリーヒルズ、サンタモニカなどの有名なエリアへは、それぞれ車で約30分で移動可能です。短い滞在時間でたくさんの観光地へ行きたいという方はぜひ車での移動をおすすめします!

    また、アナハイム行きの「スーパーシャトルバス」や「ディズニーランド・リゾート・エクスプレス」などのバスも空港から出ているので、アナハイムへのアクセスも簡単です。

    編集部一押しの観光プラン

    時間を大節約!日帰りのグランドキャニオン

  • ロサンゼルスのお勧めツアー

    LA発!飛行機で行くグランドキャニオン日帰り観光ツアー<日本語ガイド>

    ロサンゼルスから世界遺産グランドキャニオンへ、飛行機を利用した日帰り観光。自力でいくより大幅に効率的なうえ、徒歩での観光シーンは少なく足腰が弱い人にも安心だ。最も有名なマーサポイントからの眺めは一生ものの思い出になる。

    ➡ 詳細はこちら

  • ロサンゼルス旅行者の必読記事

    (Photo by ERIC SALARD Blake Handley Prayitno / Thank you for (11 millions +) views Follow LWYang Blake Handley)

    プラン相談

    どんなロサンゼルス旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「9万円以内でアメリカ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ロサンゼルスのホテル
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド