2019/07/23 更新

海外旅行直前でも大丈夫?クレジットカードを素早く手に入れるコツ徹底解説

海外旅行に行く際には、必ずクレジットカードを持っておいた方がよい、とよく聞きますが、旅行直前になって「そういえばクレジットカードがない!」と気がついたときは、どうすればよいのでしょうか。 「これから申し込んで間に合うの?」と不安になってしまいますよね。クレジットカードの発行にかかる時間には幅があり、実際にどのくらいのスピードで発行できるのか、そもそも発行できるのか悩む方も多いと思います。 この記事では、そんな疑問やお悩みを解決します。

この記事で解決する主な疑問

Q1
早く手に入るクレジットカードはある?
A1
発行までに必要な時間はカードや状況によって異なります。迅速に受け取り可能なクレジットカードもありますよ。
Q2
迅速にクレジットカードを手に入れるにはどうしたらいいの?
A2
まずは、発行までの日数が短いことを謳っているクレジットカードを選びます。インターネットで申し込みをし、郵送での受け取りの場合は受取日に自宅にいるようにしましょう。



迅速に発行できるクレジットカードがある

クレジットカードの発行日数は、カードによって異なります。

発行日数がとても短いクレジットカードがあるので、海外旅行直前でも不安に思う必要はありません。なかには、その日のうちに発行してもらえるものもあるので、ギリギリでも間に合います。

発行所要日数が短いクレジットカードにも、海外旅行にピッタリの便利な機能がついているものがあるので安心してくださいね。


クレジットカードには「VISA」「mastercard」「JCB」「AMERICAN EXPRESS」「Diners Club」「銀聯」などの複数の国際ブランドがありますが、発行会社が同じであればどの国際ブランドを選んでも発行日数は変わりません


実は、クレジットカードを実際に発行している「クレジットカード会社」はこうした国際ブランドとは直接関わりのない別の企業で、前述の国際ブランドとはライセンス契約を結んでいるにすぎません。

例えば「VISA」のクレジットカードは、クレジットカードの発行会社が国際ブランドの「VISA」と契約を結び、その決済システムを借りることで、世界中のVISA加盟店で利用することができるようになっているのです。

国際ブランドは、個々のクレジットカードの利用者の情報も保有していません。利用者に変わって加盟店に対する支払いを行ったり、その支払額を利用者に請求したりといった利用に関わる業務を行っているのは各クレジットカード会社だからです。

審査も、国際ブランドとは直接関わりがなく、クレジットカードの発行会社が行っています。そのため、どの国際ブランドを選んでも、発行スピードは変わらないのです。

各クレジットカード会社は、さらにさまざまな企業と提携を結んだ「提携カード」を発行しています。例えば、「セゾンカード」で知られるクレジットカード会社「クレディセゾン」は、「パルコ」と提携した「パルコカード」を発行しています。この際、クレジットカード共通のサービスは発行元のクレディセゾンが、パルコ独自のサービスは提携先であるパルコが提供しています。


素早くクレジットカードを手に入れるコツ

クレジットカードをスピーディーに発行して手に入れるためにはちょっとしたコツがいくつかあります。


①インターネットで申し込む


急いでいる場合には、発行日数が短いことを謳っている、インターネットからの申し込みができるカードを選ぶようにしましょう。

郵送で申し込む場合は、申込書が発行会社に届くまでに時間がかかり、また、万が一書類に不備があった場合にはクレジットカード会社から書類が返送され、再度郵送しなくてはなりません。

また、インターネットから申し込むと、必要な情報が未入力であった場合はその瞬間にシステムが教えてくれるので、記入漏れの心配はありません。また、郵送や手書きの書類をデータ処理するのにかかる時間も必要ないので、その分クレジットカード会社の側で早く手続きに入ることができます。

②受取日の予定を空けておく


クレジットカードの受け取り日は予定を空けておき、本人が必ず家にいるようにしましょう。

多くのカードは、郵送または宅配便で利用者の手元に届けられます。インターネットで申し込んだクレジットカードは、申し込みの際に本人確認手続きが行われていないため、受け取りの際に配送業者がクレジットカード会社に代わって本人確認を行う仕組みになっています。クレジットカードを申し込んだ本人が在宅しており、身分証明書を提示することがカード受け取りには必須です。

家族などが在宅していても、配送業者は発行されたクレジットカードを本人以外に渡すことができないので注意してください。

受け取り出来なかった場合、再配達までの時間がかかりますし、その日のうちに受け取れるかどうか非常に怪しくなってきます。


発行を急いでいる場合は、居住している地域にもよりますが、インターネットから申し込んで最寄りの店頭で受け取ることのできるクレジットカードを選ぶのもオススメですよ。


③審査に素早く合格する

クレジットカードの発行スピードの大部分は、クレジットカード会社「審査」のスピードによって決まります。スムーズに「審査」を通過することは、クレジットカードのスピード発行には欠かせません。

カードの「審査」をスムーズに突破するには以下の2点を抑えておきましょう。

  1. カードの対象ユーザーを把握する
  2. ステータスカードを避ける


①カードの対象ユーザーを把握する

カードを選ぶ際には、どのようなカードが自分を対象ユーザーとして想定しているか、を考えて選ぶと、審査に突破しやすくなります。

クレジットカードは、それぞれに対象ユーザーを設定し、そのユーザー層に訴求する内容のサービスを提供しています。審査の基準も、それぞれのカードに相応しいものが設定されています。

例えば、スーパーマーケットの発行するクレジットカードであれば、スーパーの顧客を対象としているため、当人に安定した収入のない専業主婦(主夫)であっても通過できるような審査基準が設けられていると考えられます。また、年会費が高額でビジネスパーソン向けの優待が充実しているカードであれば、安定した収入のある正規雇用の人物が利用者として想定されているでしょう。

場合によっては、仮に支払い能力が十分にあっても、対象とするユーザーではないと判断されて審査に落ちてしまう可能性もゼロではありません。


多くのクレジットカードは、「満18歳以上の方(高校生を除く)」「18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方」といったように、非常にざっくりした申し込みの条件しか明示していません。審査の詳細な基準は公開されていないのです。


②ステータスカードを避ける

急いでクレジットカードを発行したい場合、ステータスカードは避けるべきです。

「ゴールドカード」「ブラックカード」「プラチナカード」といったカードで、年会費が高く会員への優待も手厚いいわゆる「ステータスカード」(=高い社会的地位を示しブランド力を誇るクレジットカード)、利用限度額が高いカードは、クレジットカード会社も信用の置ける人でなくては発行できません。そのため、一般的なカードよりも厳しい審査が行われていると言われています。

なかには発行日数が短いことを謳っているステータスカードもありますが、ステータスカードは年収などの発行基準が一般のカードより厳しく設けられているため、申し込んだからと言って必ず発行されるとは限りません。急いでいるのに、審査の結果発行不可となってしまうのは困りますよね。

さらに審査基準が厳しいカードでは、審査の段階で機械的な判断だけでなく、人の手による提出された情報の事実確認や、クレジットカード会社内での協議が行われるため、一般のカードより発行までにかかる時間が長い場合もあります。

その場合、申込みの際に求められる情報や書類も多く、それぞれについての事実確認も行われます。カードによっては収入を証明する書類の提出を求められたり、「在籍確認」といって申込みの際にクレジットカード会社に提出した勤務先に電話を掛け本当にその人が勤めているのかを確認されたりします。

もし審査に落ちてしまい次のカードを申し込むとなった際、短期間に複数のクレジットカードの発行を申し込んでいるという事実が次の審査でマイナスに働いてしまう可能性もあります。

「ステータスカード」は一般的なカードに比べ審査の通過率が低く、仮に審査を通過しても発行までに時間がかかるものと考えてください。豪華な優待などは魅力ですが、急いでいる際には発行を申し込まないのが賢明といえるでしょう。


現在、クレジットカード発行可否の審査の初期段階は、AIが担っているとされています。

多くの会社が、申込みの段階で提出された職業や収入、勤続年数、居住状況、年齢、貯金額などの情報を自動で点数化し、その点数がカード会社の定めた一定のポイントをクリアしているかどうかチェックする「スコアリング」というシステムを採用しています。

発行までの所要日数・時間が短いカードは、このスコアリング審査と後述する個人信用情報の照会しか行なっていないものと考えられます。人の手が入る複雑な審査を行なっていないクレジットカードは発行が迅速で、審査基準も比較的易しく設定されているのですね。


無事審査を通り、「この利用者には問題なく支払い能力がある」と判断されれば、クレジットカードが発行されます。

一般的なカードであれば、発行それ自体にかかる時間はごく短いと考えられるでしょう。


クレジットカードが発行できないケース


残念ながら、以下に当てはまる方は、一般的なクレジットカードの審査は降りません

  1. 過去半年間に複数回クレジットカードの発行・消費者金融での借金・銀行のカードローンを申し込んだ経験がある場合
  2. 過去5年間にクレジットカードの利用料金・携帯電話料金・ローンの支払い・借金返済などを2ヶ月以上延滞した場合
  3. 過去5年間に自己破産・任意整理・代理弁済などを行った場合
  4. 30代以上で、これまでに一切クレジットカードや割賦・ローンなどを利用したことがない場合

収入が十分にあっても、クレジットカード会社にとってこのような人にクレジットカードを発行することはリスクとなります。「どれだけお金を儲けているか、持っているか」だけではなく、「どのようにお金を使っているか」もカード発行の可否を判断する重要な要因です。

そのため、クレジットカード会社は、クレジットカード発行の申込みを受けると、審査を行うと同時に申し込んだ人物の自社の利用履歴と、「個人信用情報」を照会・確認しています。

個人信用情報は、「クレジットヒストリー」とも呼ばれ、クレジットカードの所有や利用の履歴、消費者金融との取引履歴、銀行や信用金庫との取引履歴などが含まれます。これまできちんと支払い・返済をしてきたかという実績を確認しているのです。

クレジットカード会社・消費者金融・銀行や信金などは、それぞれ「個人信用情報機関」と呼ばれる3つの機関の会員となっており、それぞれの利用者のクレジットヒステリーを共有しています。例えば各クレジットカード会社は、「CIC」や「JICC」という機関の会員となって、それぞれが発行したクレジットカードやユーザーの利用状況についての情報を共有しています。

さらに、この3機関は「CRIN」と呼ばれるネットワークを形成し、支払いを延滞するなどの「金融事故」を起こした人物の情報(通称「ブラックリスト」)を共有しています。例えば消費者金融で借金をして延滞してしまった場合であってもCICの会員であるクレジットカード会社に共有される、ということです。

さらなる金融事故を招くことのないように予防しているのですね。

過去半年間に複数のクレジットカードや借金、ローンを申し込んでいた場合、「この人はお金がないので手当たり次第カードや借金、ローンを申し込んでいるのだ」と判断されかねません。ただし、クレジットカードや借金、ローンなどを何度申し込んでいたら今回のクレジットカードの申し込みを断るか、に関してはカード会社やカードの種類によって異なるようです。

また、一度「金融事故」を起こしブラックリスト入りしてしまうと、完済から5年間、その情報が情報機関およびその会員である企業間で共有され、(ごく一部のカードを除き)新たにクレジットカードを発行したり、借金をしたり、ローンを組んだりすることができなくなってしまいます。

完済から5年後に金融事故を起こしたというクレジットヒストリーは消去されますが、通常、ブラックリスト入りすると新たなクレジットカードやローンなどを申し込むことができないため、5年間に渡ってクレジットヒストリーが空白の「ホワイト」と呼ばれる状態となります。一方、これまでクレジットカードや割賦・ローンなどの利用履歴がない人も、同様にクレジットヒストリーのない「スーパーホワイト」と呼ばれる状態で、両者の区別をつけることはできません。

就職したてなどまだ若い人であれば、クレジットヒストリーがゼロであってもそこまで問題ではありませんが、ある程度年齢を重ねた人でクレジットヒストリーがない場合、過去に一切支払い・返済等で問題を起こしていなくとも、「この人は過去に金融事故を起こしている」と考えられてしまう可能性があります。

もし20代後半以上でクレジットヒストリーがないと考えられる場合は、「独自の審査基準を設けている」と明示し、広く門戸を開いているクレジットカードを発行してクレジットヒストリーを積むことをオススメします。発行も迅速なので、急いでいる際にもピッタリですよ。


海外旅行直前でも大丈夫! 発行が迅速なおすすめクレジットカード

カード名(クリックで詳細へ) 特徴
ACマスターカード 日本全国で即日受け取れるキャッシング向けカード
エポスカード 海外旅行保険などの機能も充実
JCB CARD W 39歳以下の方必見、おトクなネット申し込み限定カード
JCB一般カード 信頼のJCBブランド、おトクなポイントアップシステムも
三井住友VISAクラシックA メインカードとしても活躍、信頼のVISA

ACマスターカード
  1. アコムが発行する即日発行カード
  2. 審査も発行も迅速! 日本全国で即日受け取れる
  3. 海外キャッシングの利用にもぴったり
 
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
無料 mastercard なしなし
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
なし なし なし

アコムが発行する即日発行カード

ACマスターカードは、消費者金融の「アコム」が発行するmastercardのクレジットカードです。「消費者金融」と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、アコムは三菱東京UFJフィナンシャル・グループに所属するきちんとした金融業者のためご安心ください。

ACマスターカードの特長は、何と言っても「即日発行できる可能性が非常に高いクレジットカード」だということ。

独自の審査基準を設けており、過去に借金歴があるなどクレジットヒストリーに不安があるという方でも発行できると言われています。

審査も発行も迅速! 日本全国で即日受け取れる

インターネットから申し込むと、なんと最短30分でカード発行可否の審査結果回答が得られます。

ACマスターカードは独自の審査基準を設けており、「職種・正規雇用/非正規雇用を問わず働いていればカード発行が可能」だと言われているため、急いでいるのに審査に落ちてしまった!などという事態が起きてしまう可能性も低いと考えられますよ。

もちろん、早いのは審査結果が出るまでだけでなく、受け取りも迅速かつスムースに行うことができます。全国610ヶ所、8:00から22:00まで営業しているアコムの設備「むじんくん」で受け取りが行えるので、多くの場合は当日中にゲットすることができますよ。

海外キャッシングの利用にもぴったり

さらに、ACマスターカードは海外でのキャッシングにぴったりなクレジットカードだと言うことができるのです。

まず、クレジットカードでキャッシングを行う際、多くの場合はカード会社にATMの利用手数料(108〜216円程度)を支払うこととなりますが、ACマスターカードはこのATM手数料を取っていません。

そして、重要なのが海外通貨でキャッシングしたお金の返済額ですよね。実は、ACマスターカードでキャッシングしたお金は、利息ゼロで返済することが可能なのです。

クレジットカードのキャッシング機能を海外で利用した場合、引き出した現地通貨が2〜3日後に日本円へ換算されて決済額が確定し、キャッシングしたお金を全額返済するまで、1日ごとに日割りの年利が追加されていきます。

しかし、ACマスターカードでキャッシングした金額は、即座に日本円に換算されて請求額が確定します。

アコムでは、Pay-easyを利用していつでもどこでも繰上げ返済が可能のため、事前にインターネットバンキングが可能な銀行口座をPay-easyと紐付けておくことで、利息が発生しない当日中に返済が可能なのです。

即日発行が可能なだけでなく、利息なしで現地通貨がキャッシングできるとは驚き&嬉しいクレジットカードですよね。急いでいる方だけでなく、渡航先での現地通貨獲得手段に悩んでいる方にもおすすめのクレジットカードです。

ただし、ACマスターカードの返済はリボルビング払いのみとなっているため注意してくださいね。毎月20日までのクレジット利用分を翌月6日までに返済した場合には手数料がかからないので、手数料を支払いたくないという場合は繰上げ返済する手間が必要です。

エポスカード
  1. マルイ店頭などで当日中の受け取りが可能
  2. 充実の海外旅行保険で人気
  3. 持っているだけでお得なサービス多数
 
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
無料 VISA 自動付帯0.5%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
ANA・JAL なし Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

マルイ店頭などで当日中の受け取りが可能

「エポスカード」は、百貨店のマルイの系列会社であるクレジットカード会社・エポスカードが発行するクレジットカードです。

最短当日中に受け取ることができ、海外旅行にぴったりの機能が多数付帯しているため、海外旅行直前に発行すべきカードとしてイチオシですよ。

インターネット・アプリから発行を申し込むと、早ければ数分後に発行可否の審査結果が送られてきます。申し込み時に最寄りの「エポスカードセンター」での受け取りを選んでおくと、審査が通れば当日中に受け取りが可能ですよ。

「エポスカードセンター」は、主にマルイ系列の店舗内、全国55ヶ所に設置されています。お近くに「エポスカードセンター」があるかどうかは、こちらからご確認くださいね。

エポスカードセンターでの受け取りができない場合、自宅への郵送は1週間程度かかってしまう場合があるので注意が必要です。

充実の海外旅行保険で人気

エポスカードは入会費・年会費無料ですが、実は海外旅行保険が非常に充実しています。傷害治療補償が最高200万円、疾病補償治療が最高270万円、救援者費用が最高100万円まで補償の対象となる保険が自動付帯しているため、カードを持っているだけで安心感があります。

傷害死亡・後遺障害は最高500万円、賠償責任は最高2,000万円、携行品損害は自己負担3,000円で最高20万円まで補償してくれ、保険の内容は入会費・年会費無料のカードのなかでは最高クラスと言えます。

ケガや病気で何かあった際は、引受会社である三井住友海上火災保険(株)が他者と提携して提供する「緊急医療アシスタンスサービス」へ連絡すれば、24時間日本語で、速やかに病院の手配などを行ってくれます。キャッシュレス診療ができる病院も紹介してくれるのが嬉しいポイントですよ。

持っているだけでお得なサービス多数
もちろん、国内でも活躍してくれます。

マルイで優待が受けられるのはもちろん、全国の飲食店で割引やワンドリンクなどのサービスが受けられたり、カラオケや舞台・イベントなどのチケットが安くなったりと持っているだけでお得な優待が多数設けられています。

ぜひ持っておきたいイチオシクレジットカードです。

JCB CARD W
  1. 39歳まで、インターネットからの申し込み限定のお得なカード
  2. 驚愕のポイント還元率
  3. 海外での決済やキャッシングにも
 
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
無料 JCB 自動付帯1.0%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
ANA・JAL・デルタ なし Apple Pay、Google Pay

39歳まで、インターネットからの申し込み限定のお得なカード

「JCB CARD W」は、JCBが発行するプロパーカード(国際ブランドが直接発行するカード)「ORIGINAL SERIES」の限定カードです。

JCBはさまざまなカードを発行していますが、39歳以下の方にはこのカードが断然おすすめです。即日発行とまではいきませんが、手元に届くまで申し込みから1週間程度と、クレジットカードのなかでは発行が迅速なほうなので、海外旅行出発まで2週間ほど余裕がある方は是非申し込んでみてくださいね。

ウェブからの申し込みのみ受け付けており、発行できるユーザーも39歳までに限られています。(カード作成後は40歳を超えても変わらず利用できるので安心してくださいね。)

驚愕のポイント還元率

JCB CARD Wは、入会費・年会費無料で、JCBのポイントプログラムであるOki Dokiポイントが常に通常のカードの2倍貯まるシステムとなっています。ちなみに、家族カードも年会費無料で発行することができますよ。

Oki Dokiポイントは、通常、1000円につき1ポイントが付与され、1ポイントが約5円分の価値を持っています。JCB CARD Wでは、最低でも1000円につき2ポイントが付与されるため、還元率が約1%にアップしているのです。

また、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」とされているお店でカードを利用すると、さらにポイントがアップします。セブン-イレブンやAmazonなど日常的に使うお店が多数あるため、ポイントがどんどん貯まっていきますよ。

さらに、入会から3ヶ月はポイント10倍という驚愕のポイントアップキャンペーンも。貯めたポイントはさまざまな商品に交換できるほか、ANAマイルなど他のポイントへ移行することも可能ですよ。

海外での決済やキャッシングにも
また、海外での決済に対してのみ、ショッピング保険が適用されるため、渡航先でのクレジット決済にもおすすめです。

JCBは日本初の国際ブランドのため海外では使いづらい印象があるかもしれませんが、現在では対応地域が増え問題なく決済できることが多くなっています。

また、キャッシング機能をつけることもでき、JCBの窓口に電話連絡を行うことで繰上げ返済も可能なので、手数料を抑えることができますよ。

JCB一般カード
  1. JCBブランドを背負うもっとも一般的なカード
  2. 海外での決済でポイント2倍、海外旅行保険も
  3. 使えば使うほどおトクになるポイントプログラム
 
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
1,250円(+税) JCB 利用付帯0.5%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
ANA・JAL Apple Pay、Google Pay

JCBブランドを背負うもっとも一般的なカード

「JCB 一般カード」は、JCBが発行するプロパーカード(国際ブランドが直接発行するカード)「ORIGINAL SERIES」のもっとも一般的なカードです。

JCBカードは基本的に迅速な発行を謳っており、手元に届くまで1週間程度です。旅行までの期間が2週間弱あるのであれば、十分選択肢になり得ますよ。

1,250円(+消費税)の年会費が設定されていますが、インターネットから発行を申し込んだ場合は初年度年会費無料。さらに、webで利用明細が確認できる「MyJチェック」への登録と、年間の決済額が50万円以上で翌年の年会費が無料となります。メインカードとして利用する場合には年会費無料で利用できるということですね。

家族カードは年会費400円(+消費税)で発行することができますが、こちらも本会員の年会費が無料であれば無料で利用することができますよ。

海外での決済でポイント2倍、海外旅行保険も

JCB一般カードは、海外での利用でポイント付与率が2倍となります。39歳以下であればいつでもポイント付与率が2倍の先述した「JCB CARD W」のほうがおすすめですが、40歳以上の方には、JCB一般カードがおすすめですよ。

利用付帯ではありますが、海外旅行保険も付帯しており、死亡・後遺障害の補償額が3,000万円と高いのが特徴です。

傷害治療補償・疾病治療補償・救援者費用ともに100万円までカバーしてくれるので、海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカードと併せ持つことで補償額を上乗せするのに便利ですよ。

また、キャッシング機能や海外の決済に対して年間100万円のショッピングガード補償も付いています。海外旅行に向いたクレジットカードだということができるでしょう。

使えば使うほどおトクになるポイントプログラム

JCBのポイントプログラムは、「JCBスターメンバーズ」と言って「年間の決済額に応じて会員ランクが適用されます。

例えば、一般カードの年会費が無料となる年間50万円以上の利用額で、会員ランクが「スターβ(ベータ)PLUS」となり、決済の際に付与されるポイントが60%アップするのです。そのほかにもさまざまな特典があるので、日常的に利用することでどんどんお得になっていきますよ。

三井住友VISAクラシックA
  1. 日本で初めてVISAのクレジットカードを発行したクレジットカード会社
  2. セキュリティや補償で信頼感抜群
  3. メインカードとしても使い勝手の良いカード
 
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
1,500円(+消費税) VISA、mastercard 自動付帯0.5%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
ANA Apple Pay、楽天ペイ

日本で初めてVISAのクレジットカードを発行したクレジットカード会社

「三井住友VISAクラシックA」カードは、三井住友カードが発行するクレジットカードです。そっくりの券面の「三井住友VISAクラシック」カードも発行されていますが、海外旅行に持参するのであれば「クラシックA」カードの方がおすすめです。

インターネットから申し込むと1週間程度で届けてくれるため、海外旅行まで2週間程度であれば余裕を持って受け取りが可能です。

三井住友カードは、日本で初めてVISAが付帯したクレジットカードを発行したクレジットカード会社です。スタンダードで使い勝手がよく、信頼性の置けるカードだと言うことができますよ。

セキュリティや補償で信頼感抜群

セキュリティ面や補償がしっかりしているのが特徴で、ショッピング保険やオンライン不正利用損害補償、盗難・紛失補償制度が備わっているため、慣れない海外での利用にも安心です。

ショッピング補償は海外での利用に対して年間100万円まで、購入したものが破損・盗難した場合に損害を補償してくれますよ。また、カード自体を破損・盗難してしまった際も、24時間電話でサポート対応を行ってくれるので安心です。

メインカードとしても使い勝手の良いカード

年会費は1,500円(+消費税)と比較的安価。しかも、インターネットから申し込んだ場合は初年度の年会費が無料となります。家族カードも年会費550円(+消費税)で発行することができますよ。

クラシックカードとの相違点は、海外旅行保険が自動付帯で補償額もアップしているというところ。傷害治療費用・疾病治療費用がそれぞれ最高100万円、救援者費用が最高150万円まで補償の対象となっているので、海外旅行保険の保険金上乗せにぴったりですよ。

キャッシング機能も付帯しており、海外旅行でも使い勝手のよいクレジットカードだと言えます。また、セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソンでの決済でポイント5倍、さまざまな電子マネーと連携が可能など、メインカードとしても便利でおすすめの1枚です。