ナショナル・ポートレート・ギャラリーの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ナショナル・ポートレート・ギャラリー
National Portrait Gallery

2017/05/05 更新

基本情報

住所

St Martin's Place, London, WC2H 0HE

地下鉄Bakerloo線およびNorthern線 Charing Cross駅

料金

常設展は無料
企画展は展示ごとに異なる

営業時間

10:00-18:00
木曜および金曜は21:00まで

休業日

12/24-12/26

HP

National Portrait Gallery
データガイド
アクセス
プラン相談

データガイド

概要

ポートレート専門の美術館

National Portrait Gallery

ロンドンの美術館といえばナショナル・ギャラリーが有名だが、このナショナル・ポートレート・ギャラリーはその別館にあたる。
ロンドン中心街・トラファルガー広場のすぐそばにあるこの美術館は、名前のとおりポートレート(=肖像画)に特化していることが特徴だ。

肖像画でさえあれば表現形態は問わず、写真から彫刻からCGまで、イギリスを代表する偉人たちのものが数多く収められている。
シェイクスピアの肖像画をコレクション第一号に、以降多くのポートレートが集められ、王族から俳優まで幅広い人物が網羅されてきた。

いわば、ナショナル・ポートレート・ギャラリーは「肖像画でイギリスの歴史を辿ることのできる美術館」となっているわけだ。
ポートレート専門の美術館というのは世界的にもめずらしいが、駆け足でイギリス史を巡るにはこれほど適したスポットもないだろう。

見どころ

ファッション史としても注目

National Portrait Gallery

肖像画の最大の特徴は、その人物が生きていた時代のありのままの姿を切り取っているという点だ。
ただ名画を展示しているだけの美術館からは見えてこない、リアルな文化の変遷も見てとれる。

特に顕著なのが、モデルたちのファッションだろう。
ナショナル・ポートレート・ギャラリーには2000点を超える肖像画が収められているが、いずれも活躍していた当時の服装をしているため、歴史とともにファッションの変遷も辿ることができるというわけだ。

たとえば、古くは男児であっても幼児期にはドレスを着せられていたことなどは、ふつうの美術館では知ることができない。
服装に注目して展示を見ていくと、また違った発見があるのではないだろうか。

編集部一押しの観光プラン

ストーンヘンジに楽々アクセス!郊外を3名所網羅プラン

  • ストーンヘンジを巡る現地ツアー

    世界遺産ストーンヘンジ&バースとウィンザー城 日帰り観光ツアー

    郊外にある為ややアクセスしづらいストーンヘンジを始め、ウィンザー城やバースといった3つの名所を効率良く1日で巡れる大人気ツアー。チケットは予約済み、オーディオガイドもあるので効率的に、かつしっかり見学できるのがうれしい。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のストーンヘンジ現地ツアーはこちら

    ロンドン旅行者の必読記事

    アクセス

    ナショナル・ポートレート・ギャラリーへのアクセス

    St Martin's Place, London, WC2H 0HE

    地下鉄Bakerloo線およびNorthern線 Charing Cross駅

    プラン相談

    どんなロンドン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でロンドン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ザ ゴーリングの中庭
    海外での防犯対策グッズ