タワー・ブリッジの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

タワー・ブリッジ
Tower Bridge

2018/02/21 更新

基本情報

住所

Tower Bridge Road, London, SE1 2UP

地下鉄Circle線、District線Tower Hill駅

料金

大人は£9.8
5歳-15歳は£4.2
60歳以上は£6.8
家族(大人1人と子供2人)は£15.3
家族(大人2人と子供1人)は£20
家族(大人2人と子供2人)は£22
家族(大人2人と子供3人)は£24.5
家族(大人2人と子供4人)は£27
5歳未満は無料

営業時間

4月-9月は10:00-18:30(最終入場は17:30)
10月-3月は9:30-18:00(最終入場は17:00)
橋の開閉時間は公式サイト内「Bridge Lift Times」を要確認

休業日

12/24-12/26

HP

http://www.towerbridge.org.uk/
フランス語、英語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語

Tower Bridge
データガイド
アクセス
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Tower Bridge

タワー・ブリッジは、テムズ川に架かる大きな橋だ。世界遺産ではないものの、ロンドンを象徴する観光スポットのひとつとして世界的に知られており、ロンドン塔のすぐ横にあるので併せて観光できるのも嬉しい。タワー・ブリッジの名物といえば、やはり橋の開閉。ぜひスケジュールを組んでその瞬間を目撃したいところだ。

また、外国人観光客には混同されがちだが、民謡「ロンドン橋落ちた」で有名なロンドン橋は別の橋で、タワー・ブリッジの上流に架かっている。そちらも合わせて見学すると良いだろう。

歴史

タワー・ブリッジは、ロンドンの東エリア(イーストエンド・オブ・ロンドン)のさらなる商業的発展を目指して19世紀後半に建造が進められた。設計の際にネックとなったのは、この周辺に固定された橋を建設してしまうと、大型船が入港できなくなってしまうということ。そこで1876年に公募が行われ、タワー・ブリッジは、建築家ホーレス・ジョーンズと協力者ジョン・ウルフ・バリーのアイディアが採用。画期的な開閉式の橋が建築され、1894年6月30日に開通した。ゴシック様式の、中世の城のような外観をもつ橋が可動するというのは非常にめずらしく、一躍ロンドン有数の名所となった。

チェック

①橋の開閉

Tower Bridge

幻想的な瞬間を目撃しよう

タワー・ブリッジは、今でも現役の可動橋。開閉には1分しかかからず、橋は最大で86度まで開く。タワー・ブリッジを訪れたからには、実際に目撃してみたい。ちなみに、同じ仕組みで開閉する橋と言えば東京の勝鬨橋も有名だが、あちらは約50年前を最後に開閉しなくなってしまっている。

ただし、タワー・ブリッジの開閉はセレモニーやパフォーマンスとして行われているわけではなく、あくまでも大型船が通る際の実用的な措置である。開閉しない日もあれば、1日に複数回と船が行き来する事も。公式ホームページの「BRIDGE LIFT TIMES」ページには3ヶ月分の橋の開閉スケジュールや記載されているので、開閉をこの目で見たい場合にはあらかじめスケジュールを立ててから向かおう。絵本から抜き出したかのような美しい橋が開く様子は実に幻想的だ。

また、「BRIDGE LIFT TIMES」には開閉のタイミングはもちろん、通貨する船の名前や、上流か下流かの進行方向も書かれている。ベストショットを狙いたい人は必見だ。撮影スポットとして有名なのは、ロンドン塔の対岸、タワー・ブリッジから徒歩5分程度の位置にあるシティ・ホール周辺。船を真正面から撮影したい場合には、上流へ向かう船のスケジュールを抑えておこう。

タワー・クロックの開閉時間はこちら

■参考/2016年8月の開閉時間
・8/4の16:45
・8/5の18:00、18:30
・8/6の3:15
・8/29の18:30、19:15、22:30、23:15
※夏は夏期休暇に入る為特に貨物船の本数が少ない。

ちなみに、人気漫画「キン肉マン」及び「キン肉マンII世」に登場するロビンフッドはイギリス出身で、タワー・ブリッジに由来した同名の必殺技がある(後に派生技として「タワーブリッジネイキッド」等)。後ろ手に背負った敵の背骨を、跳ね上がったタワー・ブリッジのごとくへし折る恐ろしい技だ。

②ウォーク・ウェイズ

Tower Bridge

川の上からロンドンの町並みを眺めよう

タワー・ブリッジの見どころは開閉だけではない。橋脚部分から入場して、橋の内部を見学することも可能なのだ。そこは「ウォーク・ウェイズ」と名付けられ、現在では橋の開閉に負けず劣らずの観光名所となっている。

ウォーク・ウェイズは元々、橋が開いている間でも歩行者が向こう岸まで渡れるように作られた通路だった。しかし歩行者の多くが階段の上り降りを面倒くさがり、橋が閉じるのを待っていたので利用者は少なく、1910年には閉鎖。12年後の1982年にエレベーターが設置され、展望台及び展示スペースとなった。

ガラス張りなっているので、ロンドン市街を広々とした川の上から一望する事ができる。通路内には望遠鏡もたくさん設置されているので、思う存分景色を楽しみたい。昼と夜とでロンドンの街は姿を変えるが、街並みの伝統を感じたいのであれば昼が、やわからな光に包まれた夜景を楽しみたいのであれば夜がお勧めだ。

③展示スペース

Tower Bridge

橋の歴史と機械工学の歴史が学べる

タワー・ブリッジの内部には、展示スペースも用意されている。橋の歴史や開閉の仕組みの解説といったパネル展示も見応えがあるが、ぜひ見ておきたいのは昔のエンジンだろう。今でこそ油圧と電気モーターに取って代わられてしまっているが、完成当時のタワー・ブリッジの開閉システムは、水圧を利用した蒸気機関方式によるものだった。スペース内には当時の機械工学の粋を結集した水圧式エンジンがそのまま保管されているのだ。歴史と伝統を大事にするロンドンらしい見どころなので、メカニック好きの人は見逃さないようにしよう。

編集部一押しの観光プラン

夜のロンドンを自転車でディープに散策

  • タワー・ブリッジの観光プラン

    自転車で夜のロンドンに繰り出そう!市内観光ナイトツアー

    夜のロンドンを自転車で駆け巡る、爽快感抜群の大評判ツアー。タワー・ブリッジを眺めたりロンドンブリッジを渡ったりと、観光名所の夜の一面を非常にアクティブに満喫できる。丁寧なガイド付きで、もちろん夜景も撮り放題だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のタワー・ブリッジ現地ツアーはこちら

    旅のプロ直伝 タワー・ブリッジ観光のポイント

    執筆者の旅工房コンシェルジュ、芳田愛希さん
    旅工房トラベル・コンシェルジュ
    イギリス担当
    芳田 愛希
    提携パートナー
    テムズ川に架かる高さ42.4mのランドマークタワー、「タワー・ブリッジ」。橋の中心部が開閉する橋としても有名で、今でも年間1000回ほど橋の開閉が行われます。

    両岸にそびえ立つ塔が、非常におしゃれでフォトジェニック。ヨーロッパの雰囲気が漂う建築物の1つです。遠くから橋を眺めるもよし、橋の展望から景色を眺めるのもお勧めですよ。

    ロンドン旅行者の必読記事

    (Photo by James Petts James Petts)

    アクセス

    タワー・ブリッジへのアクセス

    タワー・ブリッジはロンドン市街中心部に位置している。交通の便が必ずしも良いとはいえないが、ロンドンの代表的河川であるテムズ川に架かる橋であるため、近くまで無事に辿り着くことさえできればまず迷うことはない。すぐ近くにはロンドン塔もあるのでセットで廻ると良いだろう。

    地下鉄

    最寄駅は地下鉄Circle線、District線Tower Hill駅だ。ロンドン塔を右手に見ながら道路A100に出て道沿いに歩けば8分程でタワー・ブリッジまで到着する。

    プラン相談

    どんなロンドン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でロンドン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ザ ゴーリングの中庭
    海外での防犯対策グッズ