バルセロナのオリンピック・スタジアムの観光情報(行き方・営業時間)

オリンピック・スタジアム
Estadi Olímpic Lluís Companys(Estadi de Montjuïc)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Paseo Olímpico, 17-19, 08038 Barcelona, スペイン

ケーブルカー(フニクラ)  Montjuic駅

料金

スタジアム内の見学は無料

営業時間

10:00-20:00

休業日

陸上競技会等で使用される日は見学不可

HP

-
-

Estadi Olimpic Lluis Companys
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

バルセロナオリンピック(1992)のメインスタジアム

Estadi Olimpic Lluis Companys

オリンピック・スタジアムは、1992年に開催されたバルセロナオリンピックのメイン会場となったスタジアムだ。
正式名称は「エスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニス」といい、地元では所在地から「エスタディ・デ・モンジュイック」の通称で親しまれている。

モンジュイックの丘の頂上にあるこちらは、もともとは1929年の万国博覧会のために建設されたものだったが、オリンピックのために1989年に改修されて現在に至る。
オリンピックのメイン会場だっただけあり、収容人数は56,000人と大規模なスタジアムになっている。

かつてはサッカーチームのRCDエスパニョールやアメリカンフットボールチームのバルセロナ・ドラゴンズの本拠地としても使用されていた歴史を持ち、現在も陸上競技の大きな大会ではしばしばここが使用されている。

見どころ

曲線美がユニークな聖火台

スポーツ大国でもあるスペインには、オリンピック・スタジアムに負けず劣らず大きな競技場はいくつもあるし、もっと新しく設備の整った競技場もたくさんある。
しかし、オリンピック・スタジアムでしか絶対に見られないものがひとつだけある。

そう、それは聖火台だ。
ここでオリンピックが開催されたという何よりの証であり、それと同時に、その土地の文化を象徴する存在でもある。

バルセロナの聖火台は、とてもシンプルな作りをしている。
日本の国立競技場のようなゴージャスなものを想像していると驚いてしまうかもしれない。
だが、曲線を活かした絶妙に美しいデザインは、見れば見るほど芸術の町バルセロナらしく思えるだろう。

編集部一押しの観光プラン

サグラダ・ファミリア優先入場!事前予約で効率的な旅を

  • 1日でバルセロナの主要スポットを巡る充実のプラン。サグラダ・ファミリアの優先入場は大変効率的

    1日でバルセロナ大満喫☆サグラダ・ファミリア入場(エレベーター付)+グエル公園カサ・バトリョ

    バルセロナの名所を日本語ガイドと効率良く巡る鉄板プラン。大混雑のサグラダ・ファミリアへの優先入場が可能な上、素晴らしい展望が望めるエレベーター搭乗も。フラメンコショー付きプランもあり、スペインの魅力が濃縮されている。

    ➡ 詳細はこちら

  • バルセロナ旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    オリンピック・スタジアムへのアクセス


    Paseo Olímpico, 17-19, 08038 Barcelona, スペイン

    ケーブルカー(フニクラ)  Montjuic駅

    プラン相談

    どんなバルセロナ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でバルセロナ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    バルセロナのホテル
    海外での防犯対策グッズ