ムラーノ島のガラス博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

ムラーノ島のガラス博物館
Museo del Vetro

2017/11/19 更新

基本情報

住所

Fondamenta Giustinian, 8, 30141 Città Metropolitana di Venezia

水上バス(Vaporetto)4.1号、4.2号線 MURANO MUSEO駅

料金

€10
6歳-14歳の子供、 15歳-25歳の学生、65歳以上の高齢者は€7.5

営業時間

4月-10月は10:00-18:00
11月-3月は9:00-17:00
(チケット売り場は閉館1時間前まで)

休業日

1/1、5/1、12/25

HP

http://museovetro.visitmuve.it/en/home/
イタリア語、英語

Museo del Vetro
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

ベネチアン・グラスの歴史を伝える博物館

ベネチアのムラーノ島では古くからガラスの製造が行われており、ベネチアン・グラスとして、多くの人々に知られている。現在でもムラーノ島には多くのガラス工房が残っていて、伝統は引き継がれている。そのムラーノ島におけるガラス製造の歴史を今に伝えているのが、ガラス博物館である。

このガラス博物館は1861年に設立された博物館だ。ベネチアの経済発展にも貢献したガラス製造の技術を、本場であるムラーノ島で確かめてみよう。色とりどりのガラス作品を見ることができ、ムラーノ島の歴史を知ることができる。

ガラス博物館でガラスの芸術作品を楽しんだあとはムラーノ島を散策し、ガラス製品をお土産として購入してみてはいかがだろうか。

編集部一押しの観光プラン

ガラス工房を見学し、ゴンドラにも乗船できる贅沢プラン

  • ガラス工房見学にゴンドラ遊覧、ランチも付いた贅沢プラン

    ムラーノ島ガラス工房見学と貸切ゴンドラ遊覧半日観光ツアー

    ベネチアン・グラスで有名なムラーノ島で、ガラス工房を見学。ゴンドラ遊覧と新鮮な海の幸を使ったランチも味わえる、ベネチアの魅力が詰まったプランだ。お土産も購入でき、昼に終了するので午後からの時間も有効活用できる。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のベネチア現地ツアーはこちら

    旅のプロ直伝 ムラーノ島観光のポイント

    執筆者の旅工房コンシェルジュ、岩子侑矢さん
    旅工房トラベル・コンシェルジュ
    イタリア担当
    岩子 侑矢
    提携パートナー
    ベネチアン・グラスという名は誰もが一度は耳にした事があると思います。実はこのガラス細工、ベネチア本島ではなく、このムラーノ島で全て作られています。13世紀末にベネチア中のガラス工場をムラーノ島に集めて、他国にマネをされないようにしたという歴史があります。という事で、ここムラーノ島で作られているベネチアン・グラスこそがホンモノ。その歴史を伝える博物館がこのガラス博物館になっています。

    ベネチア旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    ムラーノ島のガラス博物館へのアクセス

    Fondamenta Giustinian, 8, 30141 Città Metropolitana di Venezia

    水上バス(Vaporetto)4.1号、4.2号線 MURANO MUSEO駅

    プラン相談

    どんなベネチア旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でイタリア旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ベネチアのホテル
    海外での防犯対策グッズ