国立マルチャーナ図書館の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

国立マルチャーナ図書館
Biblioteca Nazionale Marciana

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Piazzetta San Marco n.7 30124 Venezia

水上バス(Vaporetto)2号、10号線 S. Marco (Giardinetti) DX駅

料金

無料

営業時間

月曜-金曜は8:00-19:00
土曜は8:00-13:30

休業日

日曜、1/1、6/、4/25、5/1、6/2、8/15、11/1、11/21、12/8、12/25、12/26

HP

Biblioteca Nazionale Marciana

概要

古典ギリシャ語やラテン語による写本が揃う図書館

ベネチアにある国立マルチャーノ図書館は、イタリアの中でも古く歴史がある図書館だ。
1537年サンソヴィーノによる設計で建築が開始されたが、サンソヴィーノの死去に伴い作業をスカモッティが引き継ぎ、1588年に完成した。
この国立マルチャーノ図書館の蔵書には100万冊の書物があり、貴重な古典ギリシャ語やラテン語による写本が数多く保管されている。
貴重な書物を取り扱っている国立マルチャーノ図書館は、世界においても大変重要な機関となっている。

また、サンソヴィーノの大広間には、16世紀に活躍したベネチアの画家であるヴェロネーゼ、スキアボーネたち7人による天井画やパオロ・ヴェロネーゼ、ヤコポ・ティントレットによる絵画なども見ることができる。

見どころ

サンソヴィーノの大広間の天井画

国立マルチャーナ図書館のサンソヴィーノの大広間に、素晴らしい装飾が施されている。
このサンソヴィーノの大広間は、展示会、企画展などのイベントで利用されているが、天井部分に注目して欲しい。
この天井には、16世紀にベネチアで活動していた有名な画家たちであるスキアボーネ、ヴェロネーゼ、バッティスタ・フランコ、ジョヴァンニ・デミオ、Battista Zelotti、Giulio Licinio、Giuseppe Salviatiによって美しい絵が描かれている。
ぜひ当時のベネチア芸術を堪能して欲しい。

編集部一押しの観光プラン

ベネチアで憧れのゴンドラに!夕食や演奏のオプションも

  • ベネチアのお勧めツアー

    ゴンドラ・クルーズ

    ベネチアを訪れたからには必ず乗船したいのが名物のゴンドラ。このプランは厄介なゴンドリエーレとの交渉も入らず、日本語アシスタントのサポートでスムーズに乗車できると大人気だ。演奏や夕食などのオプションも非常に贅沢。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のベネチア現地ツアーはこちら

    ベネチア旅行者の必読記事

    ベネチアの危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!
    海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!
    マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!
    海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!

    人気記事

    ベネチアのホテル
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク