ベネチアの気候と時差、適切な服装と気温と降水量

ベネチアの気候と時差、適切な服装

2017/05/15 更新

データガイド
データガイド

ポイント


気候

ベネチアの気候は、日本の東京都より少し寒いくらい。
日本での服装を持っていけば困ることは少ないだろう。

朝晩に冷え込むことがあり、室内温度も日本より低く設定されていることがあるので、暖かい時期での旅行でも一枚羽織れるものを持って行くと良いだろう。

時差

イタリアは中央ヨーロッパ時間(CET)に属しており、日本との時差は-8時間。
つまり、日本が正午の時はイタリアでは午前4:00となる。

ただし、サマータイム期間は時差が-7時間になるため注意が必要だ。
サマータイム適用期間は、3月の最終日曜午前2:00から10月の最終日曜午前3:00まで。

適切な服装

  • 夏の服装

    南北で大きく気温が異なるイタリアでは、夏であっても、一枚羽織れるようなものを持参したほうが良い。また、現地の女性はあまりスカートを履かない。目立つ上、イタリアで快適に旅行するのなら、パンツスタイルのほうが良いだろう。旅行中に現地の教会や高級レストランに行く場合は1枚ジャケットがあるとスマートだ。日中は日差しが眩しいのでサングラスもしくは帽子を必ず持参したい。

  • 冬の服装

    冬のイタリア旅行は日本と同じくらい寒いので、外を歩き回るなら、マフラー、耳が隠れるニット帽、手袋など防寒対策を十分にしていきたい。服装にはオシャレなイメージのあるイタリアだが、意外なことに、現地人はダウンジャケット、デニムパンツ、スニーカーといった服装が多い。靴については、石やレンガでできた凸凹道が多いイタリアでは、細長いヒールではうまく歩けないので、スニーカーや、かかとのしっかりしたブーツを着用しよう。

  • 編集部一押しの観光プラン

    【H.I.S.】 イタリア主要都市を巡るお得な周遊7日間ツアー

  • ベネチア&フィレンツェ&ローマ7日間
    132,000円-

    航空券とホテル、特急列車のチケットがセットになった、イタリア国内の主要な都市を巡るプラン。往路の飛行機がベネチア行きとなっているので到着したその日からベネチアの雰囲気を楽しめる。現地では自由行動なので、好きなスポットを巡れるのが嬉しいポイント。
    ➡ 詳細はこちら
  • ➡ その他のベネチアツアーはこちら

    ベネチア旅行者の必読記事

    人気記事

    WiFiを現地で使用して徹底比較!
    【6ヶ国で実際に比較!】本当にオススメの海外WiFiレンタルはこれ!
    ベネチアのホテル
    【ベネチアのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選