ナポリの名物料理10選!お勧めグルメ旅

naples food

2017/10/10 更新

下町情緒あふれる港町ナポリ。 近郊にある青の洞窟、ヴェスヴィオ火山、ポンペイ遺跡など見所にあふれるナポリであるが、この街の魅力は観光だけに留まらない。 港町のナポリは、地中海で獲れる新鮮な海の幸と南イタリアのトマトがふんだんに使われた料理が美味しいことでも有名だ。あっさりとしたトマトと、新鮮な魚介類との相性は抜群で、ナポリ料理は、島国に住む日本人にとって食べすく、美味しい。そんなナポリでは、ピッツェリアで食べるピッツァから本格的な魚介料理まで、色々な料理を楽しみたい。

ピッツァ・マルゲリータ(Pizza Margherita)

  • naples food
    1889年にナポリで生まれたピッツア・マルゲリータはナポリを代表するピッツァである。ピッツァ生地の上にはトマトソースが塗られ、その上からモッツァレラチーズ、バジリコがかけられており、イタリアの国旗と同じ様な赤、白、緑色という色合いが特徴的である。最もシンプルな味のピッツァであるが、見た目の美しさとあっさりとした味付けが好まれ、今は世界中で食べられている。

  • ピッツァ・マリナーラ(Pizza Marinara)

  • naples food
    ピッツァ・マリナーラは、ピッツァ・マリゲリータと同じくらいナポリでは有名なピッツァである。具材はシンプルで、ピッツァ生地の上にトマトソースが塗られ、ニンニク、オレガノ、オリーブオイルで味付けされている。チーズや肉類が使われていないため、とてもあっさりとした味わいである。ナポリのピッツェリアには、ピッツァ・マルゲリータとピッツァ・マリナーラの2品しか提供しないという店もあるほど、ナポリでは定番のピッツァである。

  • カルツォーネ(Calzone)

  • naples food
    カルツォーネは、ナポリの伝統料理として知られている。薄く引き延ばされたピッツァ生地に、ハム、モッツァレラチーズ、リコッタチーズ、パルミジャーノチーズをのせて半月状に包んでオーブンで焼いた料理である。ナポリの軽食カウンターやフードコートでは、食べ歩きをしやすいようにサンドイッチ大くらいの大きさのカルツォーネも売られているため、レストランで食事をする時間がないときに軽食として食べるのに最適である。

  • スパゲッティ・アッラ・ペスカトーレ(Spaghetti alla pescatora)

  • naples food
    スパゲッティ・アッラ・ペスカトーレは、日本でもよく食べられるパスタの一種である。ペスカトーレとは、「漁師」という意味で、もともとは、漁師が売れ残った魚などをトマトソースと一緒に煮込んで調理したことがはじまりとされている。ペスカトーレには、魚介類がふんだんに使われており、あっさりとした味付けで日本人の口にもよく合う。トマトソースをベースに、ムール貝、ホタテ、アサリ、エビ、イカなどの魚介類がふんだんに使われている。

  • スパゲッティ・アッラ・ヴォンゴレ(Spaghetti alla vongole)

  • naples food
    スパゲッティ・アッラ・ヴォンゴレとは、新鮮な二枚貝がたくさん入ったパスタである。日本でもアサリ入りのパスタとして馴染み深い。本場ナポリでは、獲れたての新鮮なハマグリやヨーロッパアサリが使われている。なお、トマトソースが入っていないものが「スパゲッティ・アッラ・ヴォンゴレ・ビアンゴ」、トマトソースが入っているものが「スパゲッティ・アッラ・ヴォンゴレ・ロッソ」となる。どちらも美味しいので食べ比べてみるのもおすすめだ。

  • アクアパッツァ(Acqua pazza)

  • naples food
    アクアパッツァとは、水にトマト、白ワイン、オリーブオイル、ニンニク、パセリと、魚介類を加えて煮込んだスープである。アクアパッツァに入れられる魚は、タイや、スズキ、メバルなどの白身魚が使われることが多い。また、ムール貝、アサリ、タコ、イカなども一緒に煮込まれる。魚や貝からよい出汁が出るため、ブイヨンなどの調味料は使われない。新鮮な魚介類の素材の旨味が存分に味わえる一品である。

  • インサラータ・カプレーゼ(Insalata Caprese)

  • naples food
    「カプリ島のサラダ」という意味を持つインサラータ・カプレーゼは、ナポリのあるカンパーニア州発祥のサラダである。薄くスライスされたサラダ用のトマトと新鮮なモッツァレラチーズを交互に並べたものに、バジリコ、黒胡椒、塩で味付けをし、オリーブオイルをかけて食べるサラダである。ワインとの相性は抜群で、前菜としてぜひ食べたい一品である。

  • アランチーニ(arancini)

  • naples food
    アランチーニは、ナポリとシチリア発祥の米料理の一種で、日本ではライスコロッケと呼ばれている料理である。アランチーニは、イタリアの町によって大きさや形が異なるが、ナポリのアランチーニは、直径3cm程度の小さな球状で、ゴルフボール程度の大きさである。炊いた米にパルジャミーノやペコリーチーズを混ぜ込んで揚げただけのシンプルな味付けである。

  • トルタ・カプレーゼ(Torta caprese)

  • naples food
    トルタ・カプレーゼとは、カプリ島発祥のチョコレートとアーモンドがふんだんに使われたケーキである。バターがたっぷりと入ったケーキは、しっとりとした食感でありながら表面はサックリとしていて、とても美味しく、エスプレッソやカプチーノなどのコーヒーとの相性が抜群である。トルタ・カプレーゼを口に入れると、ガトーショコラのように濃厚なチョコレートの味わいとアーモンドの香ばしさが口いっぱいに広がってゆく。

  • パスティエラ(Pastiera)

  • naples food
    パティスエラとは、リコッタチーズ、オレンジピール、シナモン、卵、小麦を混ぜ合わせて練られたパイ生地のタルトである。ナポリ発祥のパティスエラは、本来、キリストの復活祭のときに家庭で作られる菓子の一つである。現在は、ナポリのケーキ店で店頭に必ず並んでおり、各店舗によって色々な味付けにアレンジされており、クリームやチョコレートが中に入っているものも多く見られる。


  • ナポリの名物料理を現地で楽しもう!

    本場の味は現地でしか楽しめないので、是非ナポリを訪れて絶品イタリアンを堪能して貰いたい。まずはナポリ旅行にどれくらいの予算が必要なのかをチェックしよう。ホテルや飛行機の価格は基本的に日付が近付くほど高くなるので、とりあえず予約をしておいて、行かないと決めた場合には無料キャンセル期間中にキャンセルするというのが頭の良い方法だ。

    ツアーの費用をみる

  • ツアーを選ぶならJTBは外せない

    初めて海外に行くような場合や、大事な人や家族との旅行でお勧めなのがJTBだ。言うまでもなく日本最大手の旅行会社で、費用は他の旅行会社に比べてやや高い一方、プランのクオリティーや世界中にデスクがある安心感は抜群だ。

    出発日の30日より前であれば基本的にキャンセル料が取られないので、とりあえず予約しておくことも可能だ(繁忙期は40日より前)。

    ツアー費用の確認はこちら

  • 個人旅行の費用をみる

  • 飛行機:屈指の格安航空券サイトDeNA

    DeNAトラベルは、あの横浜DeNAベイスターズでお馴染みの大手IT企業が運営する航空券予約サイトで、格安で飛行機を予約することができる。もちろん上記JTBのウェブサイトからも航空券を探せるので、DeNAトラベルとJTBの飛行機価格を比較しながら探しても良いだろう。

    飛行機のキャンセル代は航空券によるので一概には言えないが、取消料などが引かれる場合が多い。とは言え、繁忙期は直前になればなるほど値段があがるので、事前に予約しておくとお得。
    飛行機費用の確認はこちら



  • Booking.com

    ホテル:世界最大手のBooking.comで最安値確認

    全く同じホテルでも検索サイトによって値段は異なってくる。HowTravelがお勧めするのは、世界最大のホテル予約サイトであるBooking.comで、最安値保証をしているため確実に一番安い値段を見つけることができる(万が一他の方が安い場合は差額が返金される)。

    Booking.comのキャンセル規定はホテルによって異なるが、基本的には宿泊直前までキャンセル料無料というものが多い。ホテルの費用は非常に変動が激しいため、良いホテルを見つけたらとりあえず予約しておこう。
    ホテル費用の確認はこちら

  • (Photo by Satoshi Nakagawa Sean Koji Horaguchi Naotake Murayama titanium22 Lori Branham stu_spivack Dèsirèe Tonus Corrado Forino)

    人気記事

    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    wifiレンタル
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド

    スポンサーリンク