イタリア政府観光局(ENIT)からHowTravel利用者へのメッセージ

イタリア政府観光局とHowTravelのコラボレーション

2018/04/05 更新

イタリア政府観光局(ENIT)にHowTravelがインタビュー!重厚な歴史と、洗練された文化でいつの時代も旅行者を魅了してくれるイタリア。旅行者が知っておきたい特徴、魅力などの情報を、イタリア政府観光局だからこその信頼ある情報でお届けします。


イタリア政府観光局ロゴ
イタリア政府観光局(ENIT)

イタリアが世界中の旅行者から人気を集めている要因は何でしょうか
イタリアは何といっても歴史と芸術の国。海外からの約半分の旅行者が魅力あふれる町や村を訪問し、滞在しています。当然ながら、日本人旅行者の方々にも、特にユネスコ世界遺産、芸術都市に興味を持たれています。

旅行者を増やすために行っていることはありますか?
潜在的需要の掘り起こしと観光市場の拡大を図るべくMIBACTイタリア文化財・文化活動・観光省では毎年強化テーマを定め、当局もそれに沿ったプロモーションを行っています。具体的には、昨年は「イタリアの小さな村や町」というテーマで、東京の主要駅でポスター広告キャンペーンを展開し、それに連動させた情報を当局のホームページやパンフレットに掲載しプロモーションしました。2018年のテーマは「イタリアの食」となっており、美食探求の旅を数々のイベントを通じて発信していきます。

旅行しやすい環境づくりとして行っていることはありますか?
鉄道路線網が普及しているので、簡単に目的地に辿り着くことが出来ます。主要各駅や観光スポットには英語を始めとして様々な言語で表示があります。当局のホームページ、パンフレットにもレンタカーをご利用する際の運転ルール(ZTL-車両乗り入れ禁止地区情報等)やその他情報が日本語でご覧いただけます。

日本人旅行者はどのような印象を持たれているのでしょうか
イタリア人から見た日本人旅行者は、とてもマナーがよく文化的で、イタリアの文化や生活に大変興味を持っているとされ、高く評価されています。また、2015年に開催したミラノ万博で大人気だった日本館の影響で、イタリア人側の日本の食や文化への好感度、興味も高まっています。

日本人旅行者向けに特に行っていることがあれば教えて下さい
1度イタリアを訪れた日本人旅行者のリピーター率はとても高く、多くの方々が何度もイタリアを再訪しています。私どもは日ごろから、芸術、文化的審美眼の高い日本人の嗜好に合う、まだあまり知られていない新しいディスティネーションをご紹介することに努めています。

HowTravelのユーザーにメッセージをください
2018年は、シチリア島のパレルモがイタリア文化首都2018に選ばれたり、著名オペラ作曲家「ジョアキーノ・ロッシーニ」の生誕150周年にちなんだ公演が各地で開催されたりと、新しい見所があります。その他にも、日本人旅行者の皆様にイタリアを深く知ってもらえるよう、様々なイベントや祭典をご用意してお待ちしています。

人気記事

フィレンツェのホテル
海外での防犯対策グッズ