パリのパンテオンの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

パンテオン
Panteon

2017/10/02 更新

基本情報

住所

Place du Pantheon 75005 Paris

メトロ10号線Cardinal Lemoine駅

料金

€8.5
パリ・ミュージアム・パス使用可

営業時間

4月-9月は 10:00-18:30
10月-3月は10:00-18:00
※入場は閉館45分前まで

休業日

1/1、5/1、12/25

HP

http://pantheon.monuments-nationaux.fr/
フランス語、英語

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

特徴

奥行き110メートル、高さ84メートルのこの巨大な教会はパンテオンと呼ばれ、新古典主義建築の特徴のひとつであるドームを持つ荘厳な外観をしている。このパンテオンには数多くの偉人が埋葬されており、小説家のヴィクトル・ユーゴー、哲学者のジャン=ジャック・ルソー等、世界史で一度は聞いたことがある著名人の棺を見ることができる。

歴史

18世紀にルイ15世の病気の回復を祝って建てられた。当時はサント=ジュヌヴィエーヴ教会という名で、パリの主語聖女ジュヌヴィエーヴを祀っていた。その後、フランス革命後にフランスの偉人達を祀る墓所として活用されることなった。もともとあった窓やフレスコ画の多くはフランス革命時に破壊されてしまったが、今はきれいに修復されている。

編集部一押しの観光アイテム

パンテオンの入場は観光者必携のシティパスポートで

  • パリ シティパスポート パリ市内の公共交通機関に乗り放題+美術館入場+セーヌ川クルーズ

    公共の交通機関が乗り放題になったり、ルーブル美術館を始めとする60以上の博物館や美術館に並ばず入場できるパリのシティパスポート。パンテオンの入場も無料になるため、あらかじめ購入して時間を有効に活用しよう。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のパンテオン現地ツアーはこちら

    編集部一押しの観光プラン

    【H.I.S.】お手頃価格でパリへの旅、全5日間の弾丸ツアー

  • 【WEB限定】羽田発着 カタール航空で行く 送迎なしのフリープラン 価格重視の方におすすめ! パリ5日間 エコノミークラスホテル(3名1室不可)に滞在

    機内泊をすることで時間を有効活用できる全5日間の弾丸ツアー。現地では自由行動がで、自分の好きなところを巡ることができる。H.I.S.のパリ支店による24時間日本語サポートを受けられるため、何かあった時でも安心だ。安価でパリに飛べるお得なイチオシプラン。
    ➡ 詳細はこちら
  • ➡ その他のパリツアーはこちら

    パリ旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    パンテオンへのアクセス

    メトロ10号線Cardinal Lemoine駅を出てすぐ。

    人気記事

    ホテル レジーナの客室
    【パリのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集