サン・ジェルマン・デ・プレ (6区/7区)×ショッピング

サン・ジェルマン・デ・プレ地域は、少し通な観光客に知られるショッピング天国。パリ土産を買うにはそぐわないかもしれないが、ファッションや日用雑貨を購入したい人には最適なエリアだ。お洒落な雑貨や洋服などが購入でき、観光客というよりは地元パリ市民に愛されているエリアであり、落ち着いてショッピングを楽しみたい人は足を向けたい。

このカテゴリーをパリ全域で見る

特集

Galeries Lafayette in Paris

外さないパリのお土産ショップ10選

世界一の観光都市であるパリには世界に名だたるグルメやブランドが溢れている。現地でお土産に何を買うか迷いすぎて、旅行を楽しめないということのないように、事前の下調べをしておこう。 HowTravelが厳選した、絶対に外さないお土産ショップを参考にしてみてはいかがだろうか。

サン・ジェルマン・デ・プレ (6区/7区)×ショッピング

7件

exterior of Le Bon Marche in paris

1

ル・ボン・マルシェ

世界で最も古い百貨店

サン・ジェルマン・デ・プレ地区にあるこのル・ボン・マルシェは1852年創業の世界最古の百貨店だ。 元々はただのファッション生地屋だったが、その後バーゲンやショーケースでの展示や返品の受け入れなど、現在の百貨店では当然となっているシステムを確立した。 150年以上も続いているからといって、ル・ボン・マルシェが時代遅れの百貨店だと思うことなかれ。 高級ブランドから最新の流行ファッションまでを揃えている。

La Pâtisserie des rêves

2

ラ・パティスリー・デ・レーヴ

2008年にできた、夢のお菓子屋さん

パリの人気パティスリー「ラ・パティスリー・デ・レーヴ (La Pâtisserie des rêves)」は、日本語に訳すと「夢のお菓子屋さん」となる。その名の通り、店に一歩入ると今までのスイーツ屋さんとはひと味違うことに気付くだろう。 色とりどりの配色もそうだが、一番の特徴はスイーツの展示の仕方。従来であれば売り場カウンターの中に冷やされて入っているところだが、ラ・パティスリー・デ・レーヴでは天井からつり下げられた可愛い透明なドームの中に収まっている。

no-image

3

アンリ・ルルー

世界で唯一のキャラメリエで塩バターキャラメルを

塩バターキャラメル「C.B.S(セー・ベー・エス)」で有名なアンリ・ルルーのパリ1号店がサン・ジェルマン・デ・プレの閑静な小道にオープンしたのは2011年の事だ。小分けに包装されたキャラメルはもちろんお土産に最適だが、ボンボンショコラもまた絶品なので試してみて欲しい。

スポンサーリンク

SERGIO ROSSI in Paris

4

セルジオ・ロッシ

世界最高峰のブランドシューズ

セルジオ・ロッシは、グッチグループ(PPRグループ)傘下のシューズブランド。 美しいフォルムで世界中にファンを持つ。 創立は1966年で、靴職人のセルジオ・ロッシによってイタリアで設立された。

IRIS in Paris

イリス

超有名ブランドの靴を製造するブティック

イリスは、パリ・コレクションなどの超有名ランウェイに出展する世界TOPレベルのデザイナー/ブランドが愛する靴のメーカーだ。 クロエ、マークジェイコブス、ジル・サンダーなどのブランドがデザインする靴を、質高く製作している。

Marche Raspail in Paris

マルシェ・ラスパイユ・ビオ

パリ随一のオーガニック専門市

このマルシェ・ラスパイユは1989年から続く、歴史の長いオーガニック専門市だ。 有機野菜を初め、ワインやジャム、その場で食べることもできるパンやガレットにスープも楽しむことができる。 日によって出店数は変わるが、およそ50店ほどが軒を連ね、観光客も多く訪れる。

Marche couvert Saint Germain in Paris

サン・ジェルマン市場

サン・ジェルマン・デ・プレ地区の中心にあるマルシェ

サン・ジェルマン・デ・プレ教会とサン・シュルピス教会の丁度中間地点に位置するこのサン・ジェルマン市場は観光の合間に訪れるマルシェとしては最高の立地だ。 サン・ジェルマン市場は規模も大きく、食材だけでなく、服屋や花屋まで入っている屋内型のマルシェだ。

スポンサーリンク