パリのマーケット人気ランキング

パリでは、調理される前の食材も、新鮮で美味しい。パリ市内にいくつかマルシェ(マーケット)が存在し、新鮮な食材が売られている。非常に活気があるのでただ通り過ぎるだけでも楽しいだろう。小腹が空いていれば食べ歩きをお勧めしたい。パリをより満喫出来るはずだ。

マーケット

5件

Clignancour

1

クリニャンクールの蚤の市

世界最大ともいわれる蚤の市

蚤の市とは英語でもFlea(蚤)Marcket(市)とされるように、蚤の付いているような古着を扱う店が並ぶ市場に由来する。 さすがに現在の蚤の市ではそれほどまで不潔な物が並んでいることは珍しく、ややレトロな様々なジャンルの小規模店舗が軒を連ねる市場といった様相だ。

Marche Raspail in Paris

2

マルシェ・ラスパイユ・ビオ

パリ随一のオーガニック専門市

このマルシェ・ラスパイユは1989年から続く、歴史の長いオーガニック専門市だ。 有機野菜を初め、ワインやジャム、その場で食べることもできるパンやガレットにスープも楽しむことができる。 日によって出店数は変わるが、およそ50店ほどが軒を連ね、観光客も多く訪れる。

Marche President Wilson in paris

3

マルシェ・プレジダン・ウィルソン

シャンゼリゼ通り近くの高級マルシェ

パリには幾つかの有名なマルシェがあるが、このマルシェ・プレジダン・ウィルソンは高級食材が並ぶ市場として有名だ。 数々の有名レストランシェフがこの市場を訪れて、料理に用いる食材を購入していく。 高品質なワインやフォアグラ、オリーブなどが目白押しだ。

スポンサーリンク

Marche des Enfants Rouges in Paris

4

アンファン・ルージュ市場

1628年から続くパリ最古のマルシェ

このアンファン・ルージュ市場がこのマレ地区の北に生まれたのは1628年のことで、日本では江戸時代が始まった直後の頃だ。 アンファン(enfants)は子供を、ルージュ(rouge)は赤を意味し、近くにあった孤児院の子供たちが赤い服を身に着けていたことがこのマルシェの名前の由来となっている。

Marche couvert Saint Germain in Paris

サン・ジェルマン市場

サン・ジェルマン・デ・プレ地区の中心にあるマルシェ

サン・ジェルマン・デ・プレ教会とサン・シュルピス教会の丁度中間地点に位置するこのサン・ジェルマン市場は観光の合間に訪れるマルシェとしては最高の立地だ。 サン・ジェルマン市場は規模も大きく、食材だけでなく、服屋や花屋まで入っている屋内型のマルシェだ。