アルベール1世公園の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

アルベール1世公園
Jardin Albert 1er

2017/05/05 更新

基本情報

住所

2-16 Avenue de Verdun, 06000 Nice

ニース駅からトラムT1(Tramway T1)で、マセナ(Masséna)駅もしくはオペラ(Opéra - Vieille ville)駅下車

料金

無料

営業時間

24時間

休業日

年中無休

HP

-

Jardin Albert 1er
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

ニースで最も古い公園の1つ

この公園はニースで最も古い公園の一つで、西側をポカイア通り(L’avenue des Phocéens)とマセナ広場、北西側をアベニュー・ドゥ・ヴェルダン(Lavenue de Verdun))、南側をプロムナード·デ·ザングレによって囲まれている。
1892年にはフランスに最初のニースを併合した100周年を記念して、記念碑が建てられた。

時代によってパラダイス・ガーデン、植物園、マセナ庭園、椰子庭園と呼ばれてきており、アルベール1世公園と命名されたのは1914年のことだ。
これは世界第一次大戦の始まった日にベルギーの主権を守るためにドイツに対して抵抗し、最後通告を突きつけた国王アルベール1世の勇敢さに感動したニース市民が同国王を讃え、記念するためであった。

1988年には庭園の中央芝生の上にニューメンタル彫刻家ベルナール·ブネ(Bernar Venet)によって作成された19メートルもの長さの「115.5°アーク」という金属彫刻が据えられ、旧市街の入り口を象徴する様な役割を果たしている。

(Photo by Qjafcc)

編集部一押しの観光プラン

モナコにエズ村、南仏の美しさを詰め込んだ半日旅

  • ニースのお勧めツアー

    定番をおさえた人気旅☆鷲の巣村エズとモナコ観光ツアー

    美しい南フランスを巡る贅沢な半日プラン。曲がりくねった石畳を登った先にあり「鷲の巣村」とも言われる絶景のエズの村を始め、モナコではF1コースや衛兵交代式の見学も。香水工場にも訪問するので香水好きにもおすすめだ。

    ➡ 詳細はこちら

  • ニース旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    アルベール1世公園へのアクセス

    2-16 Avenue de Verdun, 06000 Nice

    ニース駅からトラムT1(Tramway T1)で、マセナ(Masséna)駅もしくはオペラ(Opéra - Vieille ville)駅下車

    プラン相談

    どんなニース旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でニース旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド