ホーチミン中心部×観光

詳細検索

ホーチミン中心部×観光

23件

Ho Chi Minh City People's Committee Head Office

ホーチミン市人民委員会庁舎

ルネサンス様式を取り入れたコロニアル建築が魅力の人気撮影スポット

ホーチミン市人民委員会庁舎は、フランス統治時代の1898-1908年にかけて建設されたもので、ルネサンス様式を取り入れたコロニアル建築が豪華で美しい建物。サイゴンの市庁舎として使われていたこの建物は、その後1975年に現在の名前に改称された。 全体のバランスもさることながら、外壁の円柱やアーチ、随所に施された彫刻などの装飾も見応えがある。

Museum of Ho Chi Minh Campaign

ホーチミン作戦博物館

ベトナム戦争終結につながった「ホーチミン作戦」の記念博物館

1975/4/30、北ベトナム側の軍隊の戦車が南ベトナム大統領官邸(現在の統一会堂)に突入し、このサイゴン陥落をもって終結したベトナム戦争。 南ベトナムの首都であったサイゴンに対する、数週間に渡る一連の最終的な攻撃作戦が「ホーチミン作戦」である。

Giac Vien Pagoda

覚園寺

200年以上の歴史を誇る情緒あふれる仏教寺院

覚園寺は、ダムセン公園(Công viên Văn hóa Đầm Sen)南側にある住宅街の路地裏にひっそりとたたずむ、趣のある仏教寺院。 もともと1789年に覚林寺(Chùa Giác Lâm)改修のための倉庫として建てられた建物が、その後拡張されて観音菩薩を祀るようになり、最終的にヤックヴィエン(Giác Viên)という僧によって正式に寺院として設立…

Vinh Nghiem Pagoda

永厳寺

ベトナムと日本の友好の象徴「平和の鐘」があるホーチミン最大規模の仏教寺院

永厳寺は、日本への留学を経て仏教を広めるために南ベトナムに来た、北ベトナムの2人の僧侶によって、1964年-1971年にかけて建てられた仏教寺院である。 11世紀、李朝のころにベトナム仏教教育の中心であったベトナム北部の村にあった寺院をモデルにして建てられたもので、ヴィンギエム(Vinh Nghiem)の名もその寺院からつけられた。

Giac Lam Pagoda

覚林寺

チョロン地区郊外にあるホーチミン最古の仏教寺院

覚林寺は1744年にベトナムの仏教徒によって建てられたホーチミン最古の仏教寺院で、外の喧騒とは対照的な静けさでゆったりとした時間が流れる、緑がいっぱいの広大な敷地の中にたたずむ。 最初に建立されてから、1799年-1804年にかけてと1906年-1909年にかけて、2度の大規模改修と再建が行われた。

Le Thanh Ton Street & Thai Van Lung Street

レタイントン通り&タイバンルン通り

ホーチミンの「リトルトーキョー(Little Tokyo)」と呼ばれる日本人街

レタイントン通りとタイバンルン通りには和食レストランや日本食材店が立ち並び、多くの日本人が住むことから、この界隈はホーチミンの「リトルトーキョー」と呼ばれている。 通りの名前は、15世紀のベトナム後黎朝の皇帝レタイントン(Lê Thánh Tông)に由来するもの。

Saigon Central Mosque

サイゴン セントラル モスク

ホーチミンの中心にたたずむイスラム教徒たちの祈りの場

1935年に南インド出身のイスラム教徒によって建てられたサイゴンセントラルモスクは、白とミントグリーンの色合いが涼しげな印象の礼拝堂で、その周囲には厳かな雰囲気が漂う。 内部には礼拝前に使われる清めのプールもあり、礼拝の時間になるとイスラム教徒たちが祈りを捧げに訪れる。

Sri Thenday Yutthapani Temple

スリ タンディ ユッタ パニ

大正時代の日本製タイルが使われているホーチミンのヒンズー教寺院

1875年-1880年にかけて建築されたスリ タンディ ユッタ パニは、ベトナムではめずらしいヒンズー教寺院である。寺院内にはヒンズー教の神々の絵や像が飾られ、カラフルできらびやかな装飾が印象的。

Tan Dinh Church

タンディン教会

鮮やかなピンクと白の外観がひときわ目を引くカトリック教会

フランス統治時代の1870年-1876年にかけて、フランス人によって建てられたタンディン教会は、サイゴン大教会(Nhà thờ chính tòa Đức Bà Sài Gòn)に次いでホーチミンで2番目に大きく、整備も行き届いた教会である。 ローマ建築様式を取り入れて建設されており、鮮やかなピンク色の外壁に真っ白な彫刻が映える印象的な建物。

Museum of Ho Chi Minh City

ホーチミン市立博物館

ホーチミンの文化と歴史が詰まったコレクションの数々

ホーチミン市立博物館には、ベトナムの自然・考古学の展示から、陶磁器やかつてのサイゴン貿易港に関するコレクションなど、幅広い年代・分野の展示物がテーマごとに分かれて展示されている。 独立を求め続けた戦時中の生々しい写真や、1975年に大統領官邸(現在の統一会堂)に戦車が突入した際の写真、アメリカ製の戦車や戦闘機などの屋外展示があり、つい40年前まで戦争が絶えな…

1 2 3