ハノイの名物料理10選!お勧めグルメ旅

hanoi food

2017/10/10 更新

ベトナムの北部最大の都市でもあり、同国の首都がある街ハノイ。ここは、政治と文化の中心地として古代より栄えてきた街だ。古くは7世紀ごろから、中国南部の都市と南シナ海を結ぶ、海上交易の要所としても知られてきた。その後、フランスの統治下におかれていた時代もあることから、様々な文化が融合する魅力的な街だ。中国の雰囲気を色濃く残した旧市街地と、フランス風の建物が混在するこの街は、ここを訪れるものにどんな食べ物を楽しめるだろうかと、期待を高めてくれるのに十分すぎると言える。

チャーカー・ラボン(Chả cá Lã Vọng)

  • hanoi food
    ハノイの名物鍋料理と言えば、このチャーカー・ラボンだろう。卓上の炭火式コンロに小さな中華鍋を置き、そこに油をたくさん入れてウコンで下味を付けた白身魚を炒め煮にする。火が通ったら、ベトナムハーブ類や青ねぎ・ピーナッツをたっぷり載せる。そして、それを米の麺にのせていただくのだ。油が多く使われているのだが、食べるとさらっとした味わいを楽しめる。

  • ブン・チャー(Bun Cha)

  • hanoi food
    ハノイ名物の麺で忘れてならないのが、ブンだ。このブンも、米粉を原料に作られているが、太さは日本のそうめんサイズから割と太いラーメンのような太さまで様々ある。ブンの入った器と、炭で焼かれた肉に、つくねのような肉団子が入ったスープ、そして付け合せの野菜(香草)が出てくる。それを自分用の器に、好みに合わせてのせ、最後にスープをかければ完成。香草の香りと、少し甘めの出汁が後をひくうまさだ。

  • ブンダウマムトム(BÚN ĐẬU MẮM TÔM)

  • hanoi food
    ハノイの朝ごはんに良く食べられるのが、ブンダウマムトムという料理だ。揚げたてのダウ(豆腐)を、米粉の麺ブンや野菜と一緒に食べる料理だ。しかし、この料理の最大の特徴は、何と言ってもマムトムだ。エビを塩漬けにし、発酵させて作ったこのマムトムは、独特な香りがする。このマムトムに、砂糖やレモンなどを加えてつけだれにブンダウを漬けて食べれば、朝からハノイ子の仲間入りだ。

  • フォーボー(Pho Bo)

  • hanoi food
    フォーは、ベトナムで一番メジャーな麺料理だ。中でもベトナム北部ハノイでは、牛肉のフォーであるフォーボーが大人気だ。行列店ができるほどの大盛況ぶりに、一度は必ず食べておきたい一品だ。味は、ビーフをしっかり煮込んでおり、うまみがたっぷりスープに出ている。そこに牛肉の薄切りにしたものと香草を綺麗に飾れば、フォーボーの出来上がりだ。

  • フォークオン(Phở Cuốn)

  • hanoi food
    フォーと言えばスープに入っているものをイメージするが、変わり種フォーとして巷で大流行しているのが、このフォークオンだ。生春巻きのように、食材を切る前の生のフォー生地に巻き、たれにつけて食べる。具材は、牛肉にパクチーなどの香草だ。つけだれは、ベトナムが誇る万能調味料ヌクチャムだ。この甘辛いたれと合わせて食べると、手が止まらなくなる一品だ。

  • バインクオン(Bánh cuốn )

  • hanoi food
    バインクオンは、朝食としてハノイでは長年にわたって親しまれてきた。食感は、蒸し春巻きのような感じだ。生地は、米粉とタピオカ粉を混ぜて作っており、本当にもちもちしていておいしい。具材は、きくらげに豚肉や卵などが一般的だ。バインクオンを、熱いうちに唐辛子とヌクマムのたれにつけて口に頬張るのが、ハノイ流の食べ方だ。

  • バインダークア(Banh da cua)

  • hanoi food
    バインダークアは、もともとはハノイのお隣にある港町、ハイフォン発祥の麺料理だ。しかし、今ではハノイの地元の人から熱烈な支持を受ける料理として知られている。麺は、サトウキビのしぼり汁を練りこんであり、平たいきしめんのようなイメージだ。丁寧にカニから出汁を取ったスープに、カニの身や肉団子、香草などが乗せられたお椀は、色も鮮やかで食欲をそそる。

  • オクニョイ(Ốc nhồi)

  • hanoi food
    ベトナムの屋台で大人気なのが、オクニョイだ。これは、日本語で言うと茹でたタニシだ。レモンの葉を入れてタニシを茹でると、とても良い香りが広がる。タニシを食べるときに欠かせないのが、やはり出汁だ。ハノイでは、ヌックマムという醤油に唐辛子や香草、お酢やお砂糖を入れて作る。これを屋台で食べれば、タニシを食べたことがなかったことを後悔するはずだ。

  • ルオンミエンツァオ(Luon Mien Xao)

  • hanoi food
    この料理、ハノイでは珍しく春雨を使った料理だ。また、ルオンとは田んぼに生息するうなぎのことだ。この焼き春雨をうなぎと一緒に食べるのだ。この田うなぎは、大きさが5センチメートルと小さめだが、油でカリカリに揚げてある。香草とともにお椀に盛られた春雨を、揚げたピーナッツなどとともにかき混ぜていただく。スパイスが効いたたれのおかげで、イメージとは違い臭みもなくおいしく食べられる。

  • バイントム (Bahn Tom)

  • hanoi food
    殻がついたままの小さめのエビを、サツマイモと一緒に揚げたのがバイントムだ。ハノイでは、サクっと揚げてあるバイントムが、非常に食べやすくおいしいともっぱらの評判だ。もちろんバイントムだけで食べてもおいしいが、パクチーなどの香草と一緒にたれにつけて食べるのがお勧めだ。ベトナムの最強調味料、ヌクマムベースのたれは、甘辛くおいしい。


  • 【必見】ハノイのレストランを予約しよう

    せっかくのハノイ旅行、適当な店で食事をするのはあまりにもったいない。評価の高いお店をしっかりと下調べをしておこう。人気店は予約をしておかないと入れないこともあるので、事前に電話やメールで問い合わせしておくことをお勧めする。

    HowTravel編集部がお勧めしたいのは日本語でハノイのレストランを予約することができる、グルヤクだ。24時間インターネットから人気店を予約することができ、座席リクエストやサプライズのお願いも可能だ。口コミも掲載されているので、本当に美味しいハノイ料理を堪能するにはもってこいだ。

    予約はレストラン利用の24時間前まで可能なので、現地で旅行中に明日のディナーを予約するということもできる。ただし、人気のレストランは1カ月前には埋まってしまっているなんてこともあるので、できるだけ早く予約したい。

    ➡ グルヤクのハノイページはこちら

    諸条件の確認はこちら

    どんなハノイ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内でハノイ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

    (Photo by Yun Huang Yong Phuongkim1981 Alpha Midorisyu a1ucard Alpha Charles Haynes a1ucard Greg Willis)

    人気記事

    外貨両替窓口
    ハノイのホテル
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク